読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

手始めに取扱説明をよくお読みください。

偶然、あるいは面白半分の冷やかしでいらした皆様、ようこそおいでくださいました。

今から少々お時間をいただき、このブログの書き手である楊 星龍の簡単な紹介、及び取り扱いについて幾つかの注意点などをお伝え致しましょう。

 

楊 星龍【やん しんるん】

レベル:41

性別:腐れあま

属性:腹を出して寝る雑種犬

好きなもの:甘いもの、お茶、酒、中華料理など

趣味・嗜好:読書、映画、ゲーム、たまに旅行、写真など、すべて「ものにしよう」というよりも「楽しくやれるのが一番イイ」という姿勢であたる、純然たる道楽。

性質:芯からはまると、同じものでも何度でも楽しめる。基本の属性が雑種犬なので、他人と揉めたり攻撃したりするのは苦手。何より「怒ると腹が減るし疲れる」という理由から、とにかく揉め事は面倒で厭。

日常の生息範囲:主にツイッター。短文で瞬間風速的に「肉うまい」とか云える手軽さは日常レベルには最適。

楊 星龍に与えると喜ぶもの:飯、酒、お茶、漫画家・内藤泰弘先生の作品に登場するステキ男前の話題、あほたれな笑い話など。

 

思いつく限りでは、まあこんなもんか。

普段はツイッター上でゴロゴロしてますが、瞬間で物事に反応して発言するだけでなく、ある程度情報が出揃ったところで、自分なりに整理して受けとめる過程を記録・保存したり、些細な疑問を掘り下げたり、掘り下げ過ぎてブラジルに出たり、些細な気の迷いを綴ったり、迷いに迷って迷走した挙句にインドへたどり着いたり、と、長文を書ける場所だからこそできることをしてみようかと思っております。

酒呑みながらDVD観てテキトーなことをほざいた次の更新で、いきなり旅行中なう。とかぶち込んだり、更に次の更新で唐突に小説を書いてみたり、やりたい放題の限りを尽くしてみようと企んでおります。

今のうちから先手を打って謝っておきます。

読みにくかったらごみんなさい。(ドゲザ)

今現在、既にこの文自体が読みにくいのでは、という、オソロシイ疑惑もありますが、それはもう気にしているときりがないので永遠に封じておきましょう。「寝てる時に瞼の裏で眼球がどうなってるのか問題」と同じくらい、一度触れると気になって、他のことすべてが疎かになるから。寝てる時って目玉は上を向くんだっけ。下を向くんだっけ。そもそも何を見てるんだっけ。

とにかく、こうして始めてしまった以上は、もう開き直って、出せるものは全部出していくしかないですね。更新のペース? はあ。しかしこういう「ブログ」というかたちで何某か書くのが初めてなので、そこは「シェフのおすすめ更新」的な、ユルッユルのマイペースで、しばらくご勘弁願います。ネタができれば一日に何本も書いて、更新のペースが頻繁過ぎてうざいこともあるかもしれないし、逆に何もないと、おいおい放置かと突っ込みたくなるくらい書かないこともあるだろうし。

世間の「毎日必ずブログを更新する人」って、そんなに何を書いているのか。余程書かずにいられないような、波乱に満ちた体験を毎日しているのか。ジャック・バウアーとかサンダーバードとか、そういう感じの生活をされているのだろうか。

でも、哀しいかな、私はジャック・バウアーでもサンダーバードでもない、朝仕事に出て夕方帰って、たまに外出したり旅に出たりする程度の平民なので、日常レベルの些細な事を、ゆるいペースでゆるく書いていきます。

それでも構わん、存分にやれ、と云ってくださる奇特かつ聖人の方。どうぞよろしく!