読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

世の中にはムシロをマイスーツと呼ぶ侍もいるんだ

世の中の人は、普段着というと何を着ているのだろう。

私は仕事のときがジーパンTシャツ、出かけるときも、近場ならジーパンにシャツとセーターとか簡単な格好しかしません。たいして歩かないなというときは下駄はいて出かけますし。

何せ一番ほしい服が「御手杵か同田貫の着てるような芋ジャージ」もしくは「増田こうすけの描く小野妹子が着てるジャージの袖付きのやつ」ですから。

ああ、これからの時季にはハンテンもいいですね。

 

あんまり服買わないからなあ。本は即座に買うのに。

 

たまに服買いに行くと、いいなと思うのはたいがいZARAの服で、それもシンプルなのが多いですね。

一度買ったら5年くらいは着られるデザインが好きです。つまりめっさ定番。

ジーンズもワンウォッシュくらいのブーツカットとストレートなら流行関係なくはけるし。

急に流行り出した服を見ると、今この時点で高いお金出したその服を、来年着られるのかと思っちゃうので、流行り物には飛びつきません。同じフライトジャケットでも、今大流行りのMA-1よりも、流行りすたりに関係ないB-3の方が好きだし。

 

理想を言うなら、もうね、着物かチャイナで過ごしたいんですよ。どっちも流行りなんてないから、コロコロ買い替えたりしなくていいし。着物なんて、普段着ならそれ用、外出用ならいいもの、とそれぞれに、季節ごと帯と反物を何枚かずつ仕立てておいて、小物とかカバン、半襟だとかで工夫すればいいので楽ですよね。仕立てるときは確かに高いものも多いけど、同じ10万円がここにあるとして、1万円の洋服を10年間毎年買うよりも、10万の着物を仕立てて20年着る方がはるかにお得だと思うのは、私だけでしょうか。

貧乏性だと言われればそれまでですが。

思えばフライターグに手を出したのも「安いカバン取っ替え引っ替え買うよりも、丈夫なカバン一つ買って長く使う方が安い」と思ったからだしね。

 

最近、仕事のときに着るシャツに困ってるので、そろそろ長袖シャツを買わないと。

珍妙なシャツとか御手杵のみたいなジャージ探そう。

普段着なら、まず着ていて楽で、多少汚れても構わないのが一番ですよ。