雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

リアクションが薄いと鶴丸に驚かされても「ああ…うん」で終わってがっかりされそうで申し訳ない

今日はアレ。仕事の帰りに紅茶買ってきました。USBメモリは明日以降。

いや、お茶ないと生きていけないし。

テキトーなお茶なんて飲めたもんじゃないので、どうしたってそこそこいいお茶でないとダメ。いくら貧乏してても、お茶ぐらいはそこそこでもいいものを摂らないと、気持ちまで貧しくなるからね。

物理的にビンボーはまだいい。気持ちまで貧しいのはいかん。

 

最近は心の豊かさを維持するために、以前からやってる「いいお茶を飲む」の他に「一日一度はお出迎えの御手杵画像を見る」を実践。御手杵ってこんなにカッコよかったんだ…。改めて思い知った。今日も推しのお出迎えがオットコ前過ぎてしんどい。

 

前に働いてた店の上司に「飄々としてる」と言われたことがあるんだけど、実際どうなのかは謎。たぶん、私の基本的な姿勢が、どうにもならないもんはもう泣き喚こうが踊ろうがならないので騒ぐだけ無駄。それならその体力を今どうにかできることに回したほうがいいし、何でも深刻ぶればいいってもんじゃない。という感じなので、側からはあんまり状況に左右されないように見えてしまってるのかもしれない。

何か教わって、自分なりにそれを実践しようと頑張ってはいても、ちゃんとものになるまでには時間がかかるでしょ。で、教えた人はすぐできて欲しいって願望もあるだろうし、その気持ちはわかるんだけど、アレ。なかなか身につかないように見えるのも、何も身にならないなりに何かは身についてると思うのな。仕事の段取りだとかを教えるときなど特にそう思う。そのせいなのか、あんまりカリカリしたりキナキナ追い込んだりするのもされるのも好きじゃないんですよ。仕事では、されるのは仕方ない局面もあるし、する側の気持ちもわかるので受けとめてるけど、自分が人の尻叩いて偉そうなこと言うのはどうにもダメ。だって自分が一番あてにならないの知ってるんだもの。

そんなこともあってか、あんまり追い込まれてる感とか説教されてこたえてる感とかが顔に出にくいみたいです。

ちゃんと話聴いてるし、自分でどう対応するのがいいのか考えてたりもするんだけど、顔に出ないの。

まあ、表情ばっかりしおらしくしてて、肚の中でバカにしてるよりはまだいいよね。

 

何か突発的なことが起こったときに、みんなでキャアキャア騒いでいても解決しないわけで、そういうときに「おーすげえパニックってこんな感じなんだなー」とぼんやり観察しちゃうような、私のような奴も、いれば何がしか役に立たないとも限らないですから、これからもリアクションはカロリーハーフで行こうと思います。

ただしバカ兄妹の会での、神社仏閣でおみくじ対決は全力でいく。カロリー上乗せでいく。慈悲はない。

f:id:bf021hugtlang:20180123223947j:image

これを見た瞬間「ッシャオラー‼︎‼︎‼︎」と叫んだのはココだけの話だ。な。

また明日も仕事して、帰ったらとうらぶして無用組カンスト目指します。

自分の体力がどこまでないのかなめてましたが明日から本気出す予定

雪がやばい。どのぐらいやばいかっていうとまじでやばい。

まだ降ってるよ。

起きた瞬間、あまりの寒さにひたすら寝ていました。冷静になって考えれば、仕事に出ないといけないとか、何かしら理由がない限り、フートンから出るわけがない。

明日は仕事なので、いやでも外に出ないといけないんだな。

 

部屋が寒いとすべてに嫌気がさすよね。

 

しかし、すごいよね。一日寝てるだけで見事にやる気が削られていく。

そこそこ動かないとダメなんだね。

明日あさっては仕事、その次は職場の派遣仲間でランチの会だから、そこで早い時間帯にデジイチ持って出てみるか。

あ、SDカードのデータ吸い出しておかなくては。「まだやってないとは驚きだ」とかやめろ鶴丸

USB買ってこなくては。

 

f:id:bf021hugtlang:20180122223056j:image

この雪で、上野で見たあの梅は今頃どうなってるんだろう。

膨らんでる蕾も、そこそこあったからなあ。

f:id:bf021hugtlang:20180122223509j:image

おしっこがまんしてるようなポーズのあの人達は、寒さで更につらそうに見えているんじゃないのかしら。

あと、西の方も今年は寒そうだし、あの人はどうしてるのかしら。

f:id:bf021hugtlang:20180122224259j:image

いくらドゲザせずにいられないほど情熱的でも、そのうち貼るカイロとかあげないと体壊すよね。

 

いかん。思いきりあほたれな話でもしてれば暖を取れるかと思ったけど、効果ないわ。

明日早いし、諦めてもう寝ます。

ゆうべは結構な時間寝てたし、日中は全く動いてなかったのに、ねむみって来るもんなんだね。

明日はまじで早く起きないと電車がやばい気がする。寝よう。

2日続けて辛気臭いことを考えていたら疲れたので呑むことにします

明日は雪だそうですが、仕事が休みでカチグミな私ですよ(ゲスい笑顔)

どうしようか。早く起きて、朝イチでスポーツジム行ったほうがいいか。でも混みそうな気もする。あとチャリだと帰りに降られたらアブナイだ。すげえ元気があり余ってたら、デジイチ持って雪の日の撮影でもしてみようか。

とか言ってると、たいがいは寒いから嫌気がさして一歩も外に出なかったりするんですけどね。

 

今日はすでに寒いから、誰が買ったのかわからない芋焼酎を呑む。

ハイお湯沸いたヨー!(広東訛りで)

 

2日も同じ話したら、もうえー加減飽きたしなんか違うことしたいので、今日は何をしたもんか。

こう寒いと、時季的にも天気から見ても、パト2観たくなっちゃうよね。

 

それにしても、今年は私の羽衣ジャスミン咲くんですかね。部屋に入れておいたら、アメリカンブルーは早速花咲かせていて、ちょっともう何なんだこれ。おそろしい子!

 

今日はこのままパト2観て、流れでなんかDVD出してこようか。いやでもなあ。

 

なんて言っていたら、いきなり攻殻な気分に襲われました。PCに「GHOST IN THE SHELL」仕込んだった。

まずこれを観てから、ねむみがこなければ続けて「イノセンス」観よう。

という訳で、今日はもう酒呑みます。明日はちゃんとやる。

美しき傲然には器も修行も足りないので死を思わずにいられない

仕事してきました。昨日の、小室引退会見で語られた内容があの通りで、いまだにやや混乱しております。若い方は今ひとつピンとこないかと思いますが、TM network直撃世代はたぶん、大なり小なり動揺していると思います。そういうもんです。

あまりに衝撃でかくて、行き帰りの電車内でずっとTM聴いてたもの。それでもどうにも整理がつかなくて、癒しを求めてpixivで御手杵の漫画探したり、御手杵の画像貼ってツイートしたりしてたからね。私ん中では、癒しは御手杵、ケツ叩いて喝入れるのは同田貫が担当してくれてます。無用組ありがとう愛してる。

 

やっぱりねえ、あの状況は過酷にも程があるわ。

病の後遺症だから仕方がないとはいえ、パートナーと生活のことや将来のこと、大人どうしで必要な話ができない。日常のなんてことない会話がすでに噛み合わない。意欲がどんどんなくなる姿を見ざるを得ない。健康だった頃はそれを職業にする程好きだった歌が、鼻歌すら出てこない。

それに加えて自分も闘病していて、もう泣き言を言う気力すら枯れてしまいそうな、そういう状況で、もっと相手と向き合ってあげろとか言えるのは、何も背負ったことのない、背負うべきものも放り捨てて恥じないオールモスト・ヒューマン、人間もどきですよ。姿かたちはヒトではあっても、その中身は、人間の好悪を知ろうとも思わない恥知らず。

「CAROL」と出逢って約30年、その間に、世界はやさしくも美しくもないし、自分は独りで生きているわけではないと知ってしまった身としては、過去にイロイロあったのを見ているとはいえ、今回のこれはもう、責められないし責めてはいかんと思います。人間は弱いし、ときに支えたり支えられたりしないとやっていけないことだってある。それを甘えだと斬って捨てるのは傲慢じゃないのか。

傲慢山の急峻に立つには、それなりの矜持ってものが必要なんだよ。

少なくとも、我こそはと踏ん反り返っているうちは、それに足る器になんて遠く及ばない。

その傲然たる姿勢が自然のものとなって、呼吸をするように傲慢にならない限りはまず無理だし、そうなる頃には俗事などどうでもよくなっているから関わりもしないでしょう。その覚悟もないままに、無闇に傲慢を振りまくのはいただけない。傲然と存在するのにだってリスクはあるのだ。それを引き受ける気がない癖にいいところばかり取るのは、存在として美しくないよ。実がほしいのならまず種をまいて世話をしようぜ。

 

話がずれた。

 

ともあれ、一晩経ってなおボーゼンとする程度には衝撃だったし、ワイドショーなどの黄色報道については、ネットニュースの概要を見るまでもなく噴飯物の的外れで独善的な論調が大半を占めているのは読めたし、もうワイドショーと夕方のニュースショーについては見切りがつきましたね。これからは、キタチョウやロシアの軍事ニュース取り上げるときに、イズムィコ先生がゲスト出演して解説されるのを観るのだけを楽しみにします。

 

ああ。

わかったぞ。

何がこんなに衝撃だったのか。

今トイレ行って戻った瞬間にわかった。

 

そうか。私はこの寂漠から「いずれやってくる死」について感じていたのかもしれない。

想いは山の彼方に。死は肩の後ろに。

「ゾンビ日記」を読んで、心構えを改めてしておこう。うん。

問題は時代が終わったことよりもその次に何をするのかなんだよ

今日は休みでした。

ちょっとボーゼンとしてたらそれだけで昼がきて、気がついたら小室哲哉が引退会見してました。

 

記憶を掘り返すと「物語」を強く意識させられた最初の体験は、中一で「CAROL」を聴いた瞬間でした。

組曲の形式で綴られる、収録された曲がそれぞれに違う情景を描きながらも、有機的に繋がってひとつの世界を形作るアルバム。1枚のアルバムを聴くことで、1冊の本を読むのと同じ体験をする。のちに椎名林檎の「加爾基 精液 栗ノ花」で更にそれを突き詰めた形態を目の当たりにするとはいえ、やはり衝撃は「CAROL」には及ばない、その程度には私の人生において決定的な出逢いでした。未だ果たせてはいないものの、自分の中に生まれ出た何かをひとつの物語としてかたちを与えようと試みさせるぐらいには決定的でした。未だにその試みを続けさせるほどに。

俺的テーマソングは「HUMAN SYSTEM」に「STILL LOVE HER」だもの。

 

引退に至る経緯については、ネットニュースでサラッと読んだぐらいだし、それまでにも、下世話な言い方をするなら女性にまつわる問題も金についての問題もあった訳だけど、それは過去現在未来の人生で本人がどうにかしたりできなかったり、責任を背負っていったりそれを果たして下ろしたり背負いきれずにすっ転んだりしていくことなのでひとまず置くとして。

小室の引退を惜しむ人間の多くは、その才を惜しんでいる訳です。

少なくとも小室哲哉というアーティストは、私生活を見せて商売するのでなく、自身の生み出す音楽を発表することで商売していたのです。才能はあっても人間としては問題だらけだなんてのは、やや古いところではモーツァルトを見れば判るだろうし、現在でも社会的な影響力のあるアスリートにだってそういう人間はゴロゴロしてます。褒められたものではないけれど、だから、まずここで問題とされるべきは私生活での振る舞いといったゴシップ要素ではなく「どんな仕事をしたのか」をクールに見て考えるほうがいいと思うのですよ。

少なくとも彼の生んだ音楽は、結構な数の人間に支持され愛され、後に続く者の人生を決めてしまうこともしばしばあった。そのぐらいには影響力を持ち聴く者をとらえる魅力があった、それは確かです。

そこは認めざるを得ない真実。

そんな人間が、公の場で「もう創造できない」とまで公言する、この疲弊。

病ゆえとはいえ、いつの間にか自分が相手にとってパートナーではなく「保護者」になってしまっていたという、どうしようもない事実。

対象は違えど、同じように「それがないと生きていけない」という業を抱える者にしてみれば、飯の種にするほどどっぷり浸かっていたものを「やめます」と公言させるこの不毛に、じんわりとした薄ら寒い恐怖をおぼえずにいられません。

チャン・イーモウコン・リータランティーノユマ・サーマンといった、芸術家と、その創造の源泉となるミューズのような関係を思い描いていたであろうことは想像に難くありませんが、そんなフンワリ甘い夢など瞬殺されるこの現実。その中で、とりあえず死ぬまで生きていくしかない。とはいえ。

TK、あんたこれから何して生きていくんだい。

 

もっとも、私のこんな戯言ももはやノスタルジアで感傷でしかないのは解ってるの。

いつまでも同じものをこねくり回していても仕方がないけど、あんなにセンセーショナルだったボーカロイドでさえ、いまや当たり前のものになってしまっていて、モノの流転って速いし激しいよね。

新しいものに飛びつくよりも、いっそ思い切り古いものの普遍性に目を向けるのもアリなのかもしれない。イロイロやってはみたけど結局生き残ったメンバーは同じ、みたいな感じで。

これからの時代は古典趣味だ。クラシック聴いて懐古的な小説読んで日本刀を愛し寺巡りして古い喫茶店で茶を飲もう。

いや待てコレ全部、私の通常運転じゃないのか。

そうか。これからこういうのが来るってことか。

そうか。

 

なんかいつも通りにしてれば間違いなさそうなので、気張らずにいつものようにやっていくことにします。

もはや獲得が困難になった物語を得るために

仕事して来ました。明日は休みなり。

おととい作ったiPadのスタンドがどうにもビミョーで、仕事帰りに100均に寄って、でかいダブルクリップ買って来ました。これを2つ繋げると、いい角度でタブレットを立てかけられるそうで、今この雑文は、iPadをこのクリップのスタンドに立てかけて打ち込んでます。ああコレ自作したのよりはいいわ。ケースの中にもテケトーに放り込んでおけば、どこででも気軽に使えるし、何よりなくしてもたいして惜しくないし、文房具屋や100均で買い足せる。

ネットで検索すればこんな情報もパッと引き出せる。便利なもんです。

 

実写パト劇場版観てますが、藤木さんのブチヤマ君イイなあ。和むわー。

しかし、この騒動を経て「俺達には語るべき物語がない」と明言していた若者達に、語るに足る何かは見つかるのか?

この劇場版は、敵方のヘリパイロットの人物設定がうまいんですよね。

「語るべき物語がない」特車二課のメンバーとは対照的に、戦争という「語るべき物語」はあっても、それを語る主体、自分という人間が恐ろしく希薄な人物なんですね。

そして、保身で頭の中がいっぱいで、語るべき物語にも戦争にも無関心な警察上層部と、これまた好一対をなすしのぶさんと後藤さん。物語の存在すら感じることない鈍感な連中と、その実際を嫌という程知ってしまった故に表舞台から去った人達。

言ってみればこの劇場版は、決着の物語であり、過去の亡霊という憑き物を落とす物語でもあり、若さしか持っていなかった子達が何かを見出す物語でもあるんです。

ただの「ロボットのおまわりさん」だった特車二課メンバーは、隊長の命令でなく「お願い」に応えて集まります。これから先の人生で自分の信じる何かに恥じずに生きていくために。胸を張って歩いていけるように。

 

それにしても、高島礼子さんの公安の警部カックイイわ。ステキ。

 

明日は休みだけど、ここのところスポーツジム行けずにいたから、午前中に起きて早めに行きたいところ。

午後には茶器の棚を整理しようか。

今日は呑んでないから早く起きられると思うんだ。

酒は給料出てから一升瓶で焼酎買います。はなしはそれからだ。

f:id:bf021hugtlang:20180118235407j:image

うん、御手杵あたいがんばるよ。そうじがんばるよ。

北斎パイセンとカレールーと日本刀の話

今日は朝から出かけておりました。

マミーのお供で、葛飾北斎を観に上野まで。

北斎ジャポニスム」展です。

展示はそれほど北斎に偏らず、どちらかというと北斎に影響された西洋の芸術家の作品が多かったです。4:6ぐらいでしょうか。「熱きオマージュでごわす」というぐらいあからさまに影響受けてる作品から、まあそういう目で見れば影響されてると言えなくもない、ぐらいの作品まで、わっさわさ来てました。北斎の絵はさすがの凄まじさですが、俺的すげえ作品は、西洋サイドではクールベの波シリーズの1枚と、モローの描いたヘラクレスぐらいか。途中、黒い囲いがされたブースがあって、なんだこれと思ったら、春画コーナーでした。さすが俺達の北斎パイセン、予想の斜め上を行ってくれます。イメージしやすいよう今の漫画家で例えるなら、少年ジャンプで爆売れしている看板作家がモーニングと漫画ゴラクでも連載持っててR18で同人誌も出してて、しかも全部が満遍なく爆売れしてるみたいなもんです。北斎パイセンの春画は1枚だけでしたが、なんだよ美術館頑張れよ「蛸と海女」ぐらいは持ってこいよ。時代はインスマスだろうが。それが証拠に藤田和日郎先生だって、今サンデーでクトゥルーもの連載されてるだろうが。

で、まあそれはいいとして、展示のアタマにまず、北斎の作品と、それを西洋で画家が模写した作品とを並べていたんですがね。

これがなかなかの見ものでした。

北斎パイセンの、見るものすべてに手当たり次第フルボッコで行くレベルのみなぎる画力が、見事に去勢されておとなしくなってます。あと、人物の顔つきが西洋風にしか描けなくて悪戦苦闘の末ぶん投げた感が濃厚。これを観て、星龍=サン思いました。

 

どうあがいたところで文化は国境を越えられないのだ。

 

今までにないものに触れて知らなかったものを見て、すごいと思うだろうしこれを是非取り入れようと思うだろうけど、それはあくまでも「既存のものに足し算」であって「基礎からすべて入れ替える」ことではないんですよ。そりゃあぎこちなくもなります。

 

余談ですが、俺の前で中国からの旅行客と思しき若いニイちゃん2人が、展示物をスマホでバッシャバシャ撮影していて、つい実写パトの上海亭の軽トラの運ちゃんを思い出してホッコリしてしまいましたが、学芸員に即座に見つかって画像全部消すように言われてました。気持ちは解らなくもないが、やっぱりマナーは守ってくれ若者たち。せっかく少しずつよくなってきてるんだ、中華圏のイメージ守ろうぜ。

 

帰りがけにミュージアムショップも覗いてみましたが、カタログはいいお値段だったので断念。北斎のクリアファイル2枚買ってきました。だってすげえ「お好きな方にはたまらない」デザインだったんだもの。

1枚は皿屋敷のお菊と小幡小平次リバーシブル、もう1枚は提灯お岩と「しうねん」という、妖怪好き入れ食いのデザイン。クールだろ。

マミーもなんか買ってたようでしたが、帰って見たらカタログ買ってた…。くっついて来た星海坊主(親父)がせっかく来たんだから買えと言ったらしくて、それなら半分ぐらい金出せよ。

美術館の建物から出たところで、入口の脇辺りにあった彫刻をアイッフォーンで撮って来ました。

f:id:bf021hugtlang:20180117220226j:image

ロダン

f:id:bf021hugtlang:20180117220300j:image

f:id:bf021hugtlang:20180117220327j:image

f:id:bf021hugtlang:20180117220348j:image

なんか寒くてトイレ行きたかったせいなのか、これを見て「すんごいおしっこしたくて我慢してる人」のように見えてしゃーない。石を投げないでください。

あと、これを見て、

f:id:bf021hugtlang:20180117220556j:image

カレーの市民」ってタイトルを見て、私思いました。

 

具とルーがドロッドロに溶け合った田舎カレー派と、具が残ってるシティー派との対立を描いているのだなあ。

 

どちらも味わい深いものだ。

 

f:id:bf021hugtlang:20180117221021j:image

で、カレールーで争わんとしている人々の隣では、もう梅が咲いてましたよ。なんて気が早い。

 

行き帰りの電車内で、ずっととうらぶやっていたのはヒミツの中のヒミツだ。

どうしよう。亀甲正宗が来月末まで特別公開ですってよ奥さん。まだうちには来てないけど、挨拶ぐらいしといたほうがいいかしら。

それとは別に、藤森神社に奉納される記念で鶴丸の写しが来年1月まで1年特別展示されるから、夏ぐらいには鶴丸にも会って来ないと。

忙しいなオイ! でも当分死ねないのが確定しました。生きる。