雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

ダジャレでなく妙な存在感のすげえ木を見ると気にならないか

仕事してきました。明日も仕事。

今日明日は夏日とかいってて、もうね、知るかコノヤロー!

あさっては休みだけど天気はどうなのか。マミーが北斎美術館に行きたい言ってるので調べたら、月曜は休館日だっていうし、アレか。ノーバディーキャントストップグータラ生活か。

でもなあ。なんかもったいないよなあ。

とりあえずあとで考えよう。

 

だいぶヒノキ花粉も下火になったようですね。それでもまだ多少鼻にくるので、仕事中はマスクつけっぱなしにしております。

ただ、冬場からこっち窓を締め切りにしていて息が詰まりそうだったので、物は試しに、仕事から帰ってすぐに窓を開けてみました。

今のところは無問題。

このまま花粉が燃えて灰になってくれれば言うことないですわ。

 

f:id:bf021hugtlang:20180421225848j:image

仕事の帰り、近所で見つけた妙な存在感の木。

なんかさあ、これ、アマゾンとかにこういう枝ぶりの木がありそうだよね。上の方におさるがくつろいでるような奴。ド派手なとりが巣かけてたりとか。

f:id:bf021hugtlang:20180421230237j:image

気がつくとシャガの花が咲く時期が来てました。

早いよねホントに。

 

明日はえふわんないので、夜は何をしようか。また「トーキング・ヘッド」観ようか。

押井作品はまじで何万回観ても発見があるのすげえ。

なんかね、観ていて「クーロンズ・ゲート」思い出しました。アングラでアナーキー、レトロでどこかいかがわしいあの雰囲気。ほとんどのシーンをミニシアターの館内で撮影しており、舞台劇でも観ているような感覚に陥る、独特の密室感覚。その中で繰り広げられる狂騒と、更に一連の騒動をただ見つめる「お客さん」の、一方通行な視線。劇中で語られる「一種の恐怖映画」という言葉は、たびたび流れる病院の院内放送のような音声の正体に気づくと、途端に生々しく響いてじんわりと怖ろしさが込み上げてきます。

一度最後まで観て、もう一度観直すと背筋が冷えますよ。

映画という表現手段で「映画というもの」「映画を観る」「観た映画について語る」「映画を作る」ということについて、愛憎を踏まえた上で冷静に考察している作品であり、相当な覚悟をもって撮られた作品だと思います。

 

よし。チョコミントアイス喰って寝るか。

下町とラーメンと喫茶店

いい天気でしたね。いい天気どころか、日中暑くて仕方なかったくらいです。

昼前まで野暮用で新宿に行って、そのまま夕方まで散歩してました。デジイチ持って出て正解。

f:id:bf021hugtlang:20180420221923j:image

ねえしってる? 都庁って巨大ロボに変形するんだよ。なんてことを、CV:豆しばで呟きたくなるこんな場所から、山手線外回りで一息に、

f:id:bf021hugtlang:20180420222146j:image

f:id:bf021hugtlang:20180420222217j:image

f:id:bf021hugtlang:20180420222259j:image

下町・谷中に飛びました。

新宿で所用を片付けたあと、不意に思い立って墓参り。日暮里駅前のコンビニで花買って、住宅の中をぶらぶら歩いてお寺に行きます。

墓参を済ませて時計を見ると、まだ1時半。どこで昼にしようかとぼんやり考えたところで、そうだ。あそこだ。ずっと子供の頃から気になっていた店に入ることにしました。

f:id:bf021hugtlang:20180420223016j:image

ご覧あれ。昭和の味、弥々亭のワンタン麺!

ワンタンいっぱい。しかもチャーシューも入っている。そしてうまい。

f:id:bf021hugtlang:20180420223226j:image

カッとしてやった。後悔はない。

それにしても、俺の隣のテーブルにいた外国人4人連れ、ほとんど喰ってなくて麺が汁吸って伸びきってたぞ。しかもそのまま金だけ払って帰った。注文したならちゃんと喰えよ。

しかし、麺をすすり込みながらウヘヘヘヘとか笑ってて、まじで俺怪しい客でしたがお店のおばちゃんすんません。そしてたぶんまた行くのでそのときはよろしくメカドック

日中の気温はたぶんすげえことになっていたと思われますが、そんなときに何故よりによってラーメンを選ぶのかと思われるでしょうが、いや、だってほら、暑いときにクッソ熱いもん食べるとむしろスカッとしませんか。

店を出てから、カメラ提げて谷中霊園を抜けて行きます。

f:id:bf021hugtlang:20180420224334j:image

f:id:bf021hugtlang:20180420225000j:image

桜並木ももう新緑に変わって、おいまじかもう初夏なのか。まだ春らしいことしてねえぞ。

歩いてたら、おさんぽわんちゃんと遭遇。

f:id:bf021hugtlang:20180420224646j:image

2歳のおんなのこだそうです。めっさもふらせてくれた。カワイイヤッター!

f:id:bf021hugtlang:20180420225020j:image

それにしても、身長を伸ばすにはうってつけの見事な枝ぶり。(ネタ元「さよなら絶望先生」第1話)

駅前に出たけど、このまま引き揚げるには早いので、谷中銀座に向かいます。いつも歩くのとは逆方向。いつもは墓参りしてから菊見せんべい、それから谷中銀座に出て、夕焼けだんだんを上がって帰るので、なんかふしぎいかんじ。

f:id:bf021hugtlang:20180420225520j:image

夕焼けだんだんの上から。

f:id:bf021hugtlang:20180420225620j:image

帰りがけの買い物その1。後藤の飴。

ここはレジカウンターの奥の作業場で飴ちゃん作っていて、作業の時間中に行き会えればガラス越しに見られます。お子様に子育幽霊飴を駆逐されそうなので、定番のはちみつ飴と季節もののゆず飴を買ってきました。

そのままいつもと逆のルートで、菊見せんべいに行きます。あられ買ってきました。俺は餓鬼の頃から喰っているので菊見せんべい派。

また霊園を抜けようかとも思ったんだけど、なんせあっついから坂を登るのがだるくて、来た道を引き返し、夕焼けだんだんを今度は下から。

f:id:bf021hugtlang:20180420230602j:image

登ってふと脇を見たら、

f:id:bf021hugtlang:20180420230655j:image

伸びきって緊張感のかけらもないおキャット様に遭遇。

こんなに簡単に撮影させてくれる動物、俺初めて会った。

帰りがけにちょっと涼んでいこうと思って、駅前のあづま屋に。

f:id:bf021hugtlang:20180420231230j:image

名物・ソフトクリームあんみつ

いやあ、よかったですよ。内装も落ち着いてて、昔からの喫茶店という感じで、ここも昔から気になってたんだけど、また行こう。ソフトクリームもうまかったし。

f:id:bf021hugtlang:20180420231729j:image

帰りの電車ではずっとこんなことしてましたが、まあこれもご愛嬌。

明日あさっては仕事です。天気いいみたいだし、働いてきます。

 

世界は順調に香ばしくなっている

仕事の休憩中、ついったに潜ったらいきなりのニュース。

朝鮮戦争が終わるとかいう話ですよ。

イロイロ思うところあって、今コレを打鍵しながら「ヨルムンガンド」観てます。

という訳で、今日はクソ面白くない話をゴチャゴチャと垂れ流していきますよ。

 

もうね、まほろにあん、古野まほろ先生のファンにはホリスター将軍とメトカーフ少佐でおなじみの朝鮮戦争ですがね。

 

「ココはなぜ武器を売るの? 」

「世界平和のため」

 

なんてやりとりが「ヨルムンガンド」ファーストエピソード中でありまして、地球のどこかでドンパチが始まりそうな気配を漂わせるニュースを耳にするたびに思い出すんですよ。

アフリカのゴタゴタはいよいよ恒常化している。南米はまったりとしたテンヤワンヤが居座っていて、もはや外野が手を出したところで、大怪我負わされておうちに逃げ帰るのが精一杯。その一方で山のように抱えた武器は、どこかで処分しなければ膨れ上がるばかり。

一度造れば、次々と新しいもの威力の強いものを造り続けないと自分の身が危うくなる、武器というのはそういうものです。

ついこの間のシリア空爆に参加した国、迎撃に手を貸した国を見れば、その辺の事情は察せられるかと思います。どこも在庫は抱えたくないし、さっさと売ってしまえば多少は稼ぎになるし、実際に使われているところを観察すれば、後継モデルのためのリポートが取れる。ただし。

暗黒の大陸は、もはや大国の思惑通りに手を入れることは難しくなってしまった。

 

「ナントカの春は失敗したんだ」

 

ヨルムンガンド」終盤、ヒロイン・ココの兄・キャスパーは妹との電話でそう明言しますが、武器は売らなければ自分たちが抱え込むことになって危険。流し過ぎれば、今度は矛先がどこへ向くのかわからない。

つまり。

 

「もう一度戦争を呼び込むのか」

「調律された紛争と言ってほしいわね。理由も動機も成り立つわ」

「正しい戦争、というわけかい。綺麗事を言うタイプじゃないと思ってたがな」

「口実として正しいか、よ。正義かどうかは犬に喰わせれば? 」

 

ブラック・ラグーンヘンゼルとグレーテル編での、張大人とバラライカさんの会話ですが、まあ、このやり取りに尽きます。

どこの揉め事を膨らませればうまく稼げるのか。そのトラブルは思惑通りに操れるのか。

どうも、新聞での報道をザックリ読んだ限りでは、アメリカがいっちょ噛みしているようですが。

キタチョウを非核化させるには「武装しなくてはいけない状況」をどうにかしないといけない。じゃあ核を持たなくてもやっていける程度に平和にするには、いつ戦争が再開してもいい「停戦」では困る。じゃあ終わらせちゃえばいくね?

おおかた、そんな経緯のようです。

で。終わらせるのはいいんだ。終わらせるのは。

一番の問題は、

 

どう落着させるのか。

関わった者すべてが納得できる落としどころを、どこに見つけるのか。

 

これ、僅かでも読み違えれば中東アフリカの比じゃない荒れ方になると思う。

あっちは宗派や部族の違いが齟齬の原因のひとつになってるけど、それ故に、互いに他者であるからこそ冷静に話し合うこともできるのですがね。むしろ同一の民族間で相争うとなると、同族嫌悪が嵩じて歯止めが効かなくなるだろうことは、想像に難くない。

こじれたらどうするんだろうね。まあいいんだけど。

 

ついったを見ていると、隣の国の政治的な変動にタッチできないとは政府は何をしてるのか、なんて意見もあるけど、バカ言っちゃいけない。日本如きが、他国の政治を左右できる程の国力なんて持ってるわけないでしょうが。

てゆうか、お隣さんの名の下にそれをやるようになったらおしまいですわ。自分のいいように振る舞うかわりにいつ貪り食われてもいいですよ、という、ロアナプラよろしくなところにすすんで踏み込んでいくということですから。

 

いつ世界が平和だったよ?

 

世界は順調に香ばしくなっております。

何であれ、私は今のうちに阿津賀志山周回ツアーを満喫させてもらおう。

何はともあれカンストおめでとう御手杵これからもよろしく

めっさダラダラしてました。休みだし。

ダラダラついでに、お茶淹れて「トーキング・ヘッド」観ながら阿津賀志山周回。ボスマス踏んで検非違使狩り場になりましたが、御手杵カンストしました。

f:id:bf021hugtlang:20180418202738j:image

f:id:bf021hugtlang:20180418202711j:image

今は近侍を同田貫に交代。練度97なので、早いところカンストさせて修行に出ていただかないと。練度から見て、その次は薬研かしら。

ただ、きのう静形薙刀の鍛刀キャンペーンが始まって、ビッグウェーブに乗らずにはいられず鍛刀し続けたら、砥石がなくなりました。今日は第二・第三・第四部隊は遠征に出して、第一部隊でひたすら阿津賀志山行っておりました。ただ、検非違使が出ると刀装壊れるので、壊れては作りの自転車操業ですよ。たぬき君お願い。あとで投石兵の金玉いっぱい作ってください。

1枚目の画像でご覧いただいたように、相変わらず伊万里のお皿をおやつ皿にしております。イイですよ。7個入り216円の不揃いどら焼きが、なんかちょっとお高い店のどら焼きっぽく感じられます。

一緒にルピシアの紅茶缶がありますが、この中にはお茶じゃなくて、子育幽霊飴の飴ちゃんと緑寿庵の金平糖が入ってます。もともと茶葉を入れるための缶だから密閉性高いし、除湿剤も入れてるので、溶けずに保存できて便利。弟家族がハワイに行ったときのお土産でもらったものの、捨てるのも忍びないし、缶をどう利用したものか考えていましたが、まさかこんなうってつけの利用法があったとは。飴ちゃんの類は基本、谷中にある後藤の飴と子育幽霊飴、あとは緑寿庵の金平糖ぐらいしか好んで買うことはないんだけど、この缶に移してしまっておけば大丈夫そうですね。

 

明日仕事、あさって休み。あさっては朝から出かけないとなあ。もう用事が片付いたらそのまま写真撮りに行ってしまおう。そのぐらいの目先の楽しみがないと、ひたすらにしんどいだけだもんなあ。やたらとでかい鞄背負ってるから不審かもしらんけど、めっさどうでもイイ。

まず、この間撮影した画像をPCに移しておかなくては。

 

さて、あと10分くらいでテレビ観ないと。えねっちけのBSで仁和寺の番組やるの。

たぶんそれが終わると、ちょうどイイ具合にねむみがきて、そのまま寝てしまえばいい具合に明日起きられると思う。

それではフートンを敷いて、茶の間のでかいテレビで観ることにします。

 

この間の面接、いまだに通知こないところを見るとやっぱりダメか。「今週中に郵送で合否通知」なんて話だけど、週半ばでないってことはダメだな。いいよもう次だ次。

たぶんあさって辺りに「進撃の巨人」序盤の調査兵団ばりの絶叫報告をかませると思うのでお楽しみに。

映画は基本独りで楽しむものだと思う

ここのところ安眠とは言いがたい状態ですが、明日は休みなので、もうクリアアサヒ呑んでしまいますよ。

さて、呑みながら何をしようか。

とりあえずPC立ち上げよう。なんせ7年も前の機体だから、立ち上がりも「よっこい庄一」みたいで昭和を感じてしまいますが気のせいですね。

Googleにつないだはいいけど、気がついたらHuluで「鬼灯の冷徹」観てます。

オープニング観てると、結構新キャラ出す感じのようですね。滝夜叉姫とか文福茶釜、荼吉尼さんにめめこちゃんも出てましたので、2期其の弐も楽しみな。

 

で。

もうご覧になりましたか。防衛省で公開した「イラク日報」。

なかなか興味深く、かつ面白く読んでおりますが、あれは「ハート・ロッカー」観ながら読むと、一層味わい深いですね。戦場できっついブラックジョークが大流行りみたいなアトモスフィアを感じる。

「ほのぼのにも程がある」「不謹慎」と思われる方もいるのかもしれないけど、あのゆるふわさこそが、実際のイラクがめっさ緊張状態もいいところだったのに裏打ちされているのが窺い知れます。

ホント、アレです。「ハート・ロッカー」は実際の最前線がどんな雰囲気のところなのかを感じられるいい映画なので、いっぺん是非ご覧ください。同時期に公開されてた「アバター」よりよほどいい。「アバター」はそのうち、動画配信に入ってたら見るつもりではいるけど、いまだに「ファイブスター物語」タイカ宇宙エピソードの劣化コピーとしか思えない俺。毎回言ってるけど。

 

マジカルマリン登場シーン、芸細けぇなオイ! 音楽がアレっぽい。動く城に住んでるアレっぽい。

そして服装だけお達者倶楽部な薬剤師……。

一子ちゃんニ子ちゃんの死相にクッッッッッソ笑った。

 

明日は休みですが、何をしたもんか。

あまりに方針が定まらなくて、ついバンダイチャンネルで「トーキング・ヘッド」課金してしまいましたがな。

あとのことは観ながら考えよう。

そうそう、兼さんに会いに行く計画は、ゆうべ乙女ちゃんにLINEしたら即座にノリノリの返信が来ました。いつ行くのかは月末に決めます。

さて、映画に集中しよう。

 

 

私の夢には御手杵を出してくださいまじでお願い

予定はあったけど、一切外に出てません。

朝、背中を寝違えたようで、痛くて目が覚めたので、用件はキャンセルして、湿布貼ってゴロゴロしてました。ソファーで昼寝してたら蜂須賀と鶯丸が夢にちょろっと出てきましたが、違うそうじゃない。御手杵と代わってくれ。この間も江雪さんがちょっと出てきましたが、違うんだ。ちなみに江雪さんは、やっぱり喋り方ゆっくりでした。あと今日の蜂須賀は、何故か字がめっさ下手だった。子供が力一杯書いたみたいな字になってました。よその蜂須賀はみんな達筆なのに。蜂須賀すまん。

朝から痛いせいか熟睡とはいかず、結構早い時間から既にねむみがきてます。今日もとっとと寝てしまおう。

 

f:id:bf021hugtlang:20180416222635j:image

昨日、休憩中についった覗いてたまたま見かけたコレ。

やだ気になる。会いに行かなきゃ。近いし。また乙女ちゃん誘ってみようかしら。

上野よりも近いから気軽に行けるし。まさか兼さんにも会えるなんて。

やっぱり本体も、かっこよさと実戦向けを兼ね備えてるのかしら。

f:id:bf021hugtlang:20180416224131j:image

亀甲は確かに端正な美青年だったし、大包平はめっさ堂々としててクソ真面目な底抜けにいい奴だったし、大般若はシュッとしててスタイリッシュな奴だった。大包平も大般若も、実際にうちに来る日が楽しみです。亀甲みたいに本体の印象そのままなのかしら。

ああ、今年中になんとしても鶴丸の写しにも会って来なくては。

 

いかん。もう背中と首がつらいしねむみもきてるし、イロイロ限界が近づいてる。寝よう。

あとは明日仕事から帰ったあとに考えよう。

死んだらどうなるのかは「鬼灯の冷徹」で学びましたが何か

明日はまた面接入ってますが、おとといの面接がもうダメすぎてヤケクソなのが半分、今日は上海決勝なのが半分で、呑みながら見逃し配信観てます。

しかし、上位6位までがみごとに、あつらえたようにチームごとに入ってましたね。フェラーリ1-2は嬉しい。あと、今年は若いドライバーが多いですね。実に将来が楽しみな。

明日は8時に起きなくては。

 

今日は昼の休憩中に、押井監督のメルマガを読んで激しきヘドバンしておりました。

毎号、スタッフさんとの対談形式でのインタビューコーナーがあるんですが、今日の更新では、急遽インタビューのお題を変更。先日亡くなられた高畑勲さんについて語っていただこう、ということになったのですがね。

 

さすが押井監督。

 

「まだ亡くなられて日が浅いのに、亡くなった人を悪く言ったり、思想的に批判したりはできないよ」とインタビュアーさんにはっきりお答えになり、もう少し広範な死生観についてお話ししておられました。

インタビューの中でちょっと触れていらしたところによれば、案の定、マスコミにコメントを求められたそうですが、全て断られたとのこと。

そうだよ。別に、亡くなった著名人がプライベートな部分でどんな人だったのかなんて、そんなの近しい人が知っていればそれでいいんですよ。俺そういうしょうもない豆知識いらない。

毎号すごく中身の濃い、作品同様に何度でも読み返して、その度に発見があるメルマガだけど、今回の監督インタビューはすごく大事なことを言っておられる。今号からでもいいので購読を強くおすすめします。

今回のインタビューでは、生きること死ぬこと、死に別れること、そして自死を選ぶというのはどういうことなのか、若者には今ひとつピンとこないかもしれませんが、ある程度歳を食うとたまに考えもすることについて、すごいボリュームで収録されています。まだ次号の更新以降もお話は続きそうなので、これから語られる内容が非常に気になります。

こんなに知的好奇心を刺激され、毎号の更新が楽しみなメルマガ、他にあるの? 少なくとも、購読し続けようと思うメルマガは唯一コレだけだったので、創刊号から途切れることなく読み続けております。

生きること死ぬことってのは、どんな生物であれついて回るけど、それについてちゃんと考えることってなかなかしないと思うんですよ。それをしっかり考えるのにも、このインタビューを読むことがよいきっかけになるのではと思います。

 

よし。今日は上海決勝観終わったら寝る。

明日のことは知らん。起きられればいいんだよ。