雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

ねえなんでトニー・レオンはあんなにカックイイんですか教えてえらいひと

今日は仕事が早上がりでした。

やることなくなっちゃったんですよ。朝もトントンと仕事が片付いたし。

1時間早く帰って、ダラダラして、夕飯の後にお茶淹れて、今はhuluで「グランド・マスター」観てます。

トニー・レオンまじでカックイイよねー。

序盤の、金楼のキンキラキンなのにシックで、ヒラヒラのネエちゃんだらけで、楼じゅうのタツジンによるワザマエのラッシュなシークエンスが滾るんですよね。で、この冒頭のキンキラキンがあればこその、終盤の若梅の境遇と言葉が余計に切なくなるんですわ。

この映画、二十歳そこそこの若いうちに出逢ってたら、たぶんアクションとか舞台美術とか衣装にばっかり目が行って、すっげ!で終わってたかもだけど、公開当時は幸いレベルも上がりきって40手前になってたから、登場人物の辿る人生の流転だとか、なくしてしまったものへ寄せる想いだとかが、とにかくひたすらつらかった。

ある程度の歳になったら噛みしめるように観る映画だと思う。

 

明日は天気予報見ると雨みたいですが、日曜なのにすいか売れないじゃん。どうするんだよ。

それにしても、何度観ても音楽の趣味イイ映画だな。

 

ああ、やっぱり私の魂のルーツは、大東亜戦争前夜の大陸にあるんだよ。つくづく実感。中華、ロシアにヨーロッパ、いにしえの日本、全部ここにあるんだもの。

 

明日はアゼルバイジャンGP決勝ですが、その前にまずは仕事だね。

やるだけやって来ます。

f:id:bf021hugtlang:20170624224825j:image

よっしゃ。最後になんか頑張れそうな画像貼ったので、明日も行けるところまで走るズェ。

脱力しすぎて何もかもを忘れ果てているYO

連休後半が終わりました。

午前中にスポーツジム、それから午後に買い物がてら、デジイチの様子を見ようと思って出かけたんですけどね。

デジイチ持って出るのを忘れた。

幸い、ポケットデジカメは持っていたので、デジイチ撮影の下見と開き直ることにしました。

切り替えの早い俺。

 

今日は自転車で移動していたので、近隣ではそれなりに知られているお寺に行ってみたのですが、夕方4時前という微妙な時間だったので、境内に入るのはやめて、隣の神社に行ってみました。

f:id:bf021hugtlang:20170623210910j:image

こんな感じのところ。まさかこんな近場に、なかなかの雰囲気の場所があったとは。

f:id:bf021hugtlang:20170623211018j:image

そう悪くないでしょ。

f:id:bf021hugtlang:20170623211155j:image

なにせポケットデジカメなので、いまひとつ写りはアレですが、この雰囲気は嫌いじゃない。

f:id:bf021hugtlang:20170623211354j:image

お社の階段を降りると、下にはこんな池もありました。水場ってイイよね。

f:id:bf021hugtlang:20170623211809j:image

逆光は勝利

f:id:bf021hugtlang:20170623211839j:image

手水場にはこんな奴もいました。

手水場の主は、なんかつい撮ってしまいますね。

 

今度は月曜が休みなので、次こそはちゃんとデジイチ持って出かける。

次回はどこにしようか。考えておかないとね。

おしゃれなレストランはたいがい年中断食期間だから盛りが少ない

今日は、職場の同じ派遣元のメンバーでランチの会でした。

集合は12時半だったので、少し早くうちを出て、谷保天満宮から集合場所の国立駅まで、写真を撮りながら散歩しようと思い、デジイチ背負って出発です。

んで。

久々に撮影だー。と思ったら、10枚も撮っていないのに、いきなり容量不足の表示が!

何故だ!

出先ではどうしようもないので、とりあえずコンビニでメモカ買って入れたんだけど、どうにもしっくり来ない。もう諦めて、待ち合わせに遅れない方を取りました。

で、いざ集まると、みんなおしゃれしてる…。

私、カメラ担いで歩くから、ジーンズにスニーカーとTシャツで歩いてたんですよ。マニアパレル様のロシアなかわいいシャツ。今日はライカ犬ちゃんのスプートニクシャツでした。

くそう!上品にいうならうんこー!

今回はイタリアンを食べようということで、駅のそばのステキリストランテのランチへ。

おにくと茄子とチーズの…なんだっけ。がメインの、サラダと飲み物の付いたセットを頼みました。

f:id:bf021hugtlang:20170622223156j:image

パスタもついてるセットにしようかとも思ったんだけど、それはいくら何でも多いんじゃないかと言われて、食い過ぎで一番取った後の関取みたいになるのもどうかと考え直したんですね。

…失敗!

おしゃれなお店では、年中断食してるような量の盛りなんですね。食う前よりも腹を減らしてお店を出ました。誤解がないように言えば、おにくはおいしかったです。また食べに行く。

今度は河岸を変えて、大学通り白十字へ。いつもなら、そばの本屋さんに寄って本買って、ケーキセット頼んで読書しながらお茶飲むんだけど、今日はみんなでお茶なので、チョコレートパフェ食べてみました。

f:id:bf021hugtlang:20170622223215j:image

白十字さん愛してる。(訳:チョコパフェおいしい)

甘物をいただきながら、今日のメンバーのひとり、美大生のおんなのこの作品の写真を見せてもらいまして、なんか、こう、私も何か、粗末でも作品としてちゃんとまとまったものを仕上げないとな、と刺激されましたね。

そのあとは、話の中で国分寺の支店に異動した人の話題になり、会いに行こうかとなったので、どんなお店なのか後学のためについて行くことにしました。

行ってみたらですね、なんぞ。なんぞこの広さ。そりゃあ、これだけ広ければ違うよなあ。

というところで、今回はここでお開きに。それぞれ夕飯の買い物やその他でばらけて、私は本日2軒目の喫茶店へ向かいました。

国分寺なので、以前に行ったあそこ。マミーの幼なじみ兄弟のおばちゃんがいるお店です。

おばちゃんはお休みでしたが、小一時間お茶飲んでから帰ってきました。

 

いやあ、楽しかったなあ。それに久しぶりに、身近な人の作品を目にして、もっとちゃんとしようと思いました。

イロイロとゴソゴソとやるぜ。

「魔界への誘い」は極楽へ俺を誘います

明日から休みですが、呑んでます。

出かけるんだけどね。

仕事終わった途端に、呑むことしか考えられなくなったのな。

ダメじゃん。

今は「リーンの翼」観ながら呑んでます。

ダンバイン」は日本からバイストン・ウェルに行っちゃったおとこのこのお話でしたが、「リーンの翼」はバイストン・ウェルから日本に来ちゃったおんなのこのお話のようですね。

あ、なるほど。第1話ラストで、今度はエイサップ君は姫に連れられてバイストン・ウェルに行っちゃうのか。

なんか、昆虫っぽいメカって、もうバイストン・ウェルシリーズがカックイさ突出してるよね。

おい待て!迫水!いきなり「ムスメあげるYO!」ってお前ー!

エンディング曲カックイイな。ダウンロードしよう。

 

日付が変わらないうちに寝ると思うので、とりあえず呑むか。

岩下の新生姜で錬成した、人をダメにするディップ食うんだ(ユリオばりのイイ笑顔)

f:id:bf021hugtlang:20170621221027j:image

改めて見ればこれもう女の鞄なんかじゃないよなあ

いよいよ本格的に梅雨っぽくなってきましたね。

私の住む西多摩の、明日の天気予報は雨だそうですが、天気悪いとすいかの売れ行きが案じられます。でかいから荷物になるのをいやがるお客さんが多いんですよね。

まあイイや。明日も気張るぞい。

 

明後日はお出かけですが、コレがいつもカメラバッグとして使っている鞄です。フライターグのドラグネット(旧型)。赤地に白と黒がアクセントに入っているので、ヒュートランと名付けました。

f:id:bf021hugtlang:20170620211143j:image

そう、この子にあやかってつけました。

f:id:bf021hugtlang:20170620211517j:image

で、コレが鞄の中身。

f:id:bf021hugtlang:20170620211922j:image

黒いのは星海坊主(親父)から借りパクしているインナーバッグ。それにデジイチの取説、オレンジの棒はコンパクトデジカメ用の小型三脚。和鼓柄の布は、デジイチ用に買った永楽屋のメガネ拭きクロス。レンズの汚れ拭きですね。それと、防水用に100均のシャンプーハットと、携帯用のセロテープにメモリーカードケース、充電式単三電池。

最低限これだけは持って歩きます。旅行に出ると、ここへ更にスマホ・コンパクトデジカメ用のダンボーバッテリーとポケットWi-Fi、ガイドブック、iPad、ノートとペン、文庫本、財布にお茶のペットボトル、道中で買ったお菓子が入ります。だから鞄はでかくないとね。

私はカメラ1台、レンズは固定で付けっ放しの1本だけなのでまだこれだけで済んでますが、本格的に写真やってる人だと、カメラは2台3台、レンズも3本4本と持って歩いて付け替えるんだよねえ。三脚もがっちりしたのを必ず携帯。

いやあ、私そこまでは頑張れない。肩こり腰痛あるし、そこそこ陽気にそして楽しく写真撮れればいいので、ゲージツ写真じゃなくて、後から見て「この時めっさ楽しかったなあ」と、その1枚を撮ったときのことを思い出せるものが撮れればいいの。確かに上手に撮れてればいうことないけど、まず楽しくないとね。

なんであれ楽しくないと続かないですから。

仕事以外は来世から本気出すので今生では全精力を傾けて脱力する所存

f:id:bf021hugtlang:20170619230006j:image

いきなりの甘物テロ画像で始まりましたが、明日明後日仕事して、そのあとは2連休です。連休の前半は、同じ派遣元所属のみんなでランチに行こうということで、ランチの後に白十字でお茶というコース。

いつものように、ダラダラ読書して雑文を書いてという訳にはいきませんが、すんんんんんごい落ち着くイイお店なので、あそこでお茶飲むだけで充分。

今度は期間限定の梅ゼリー食べてみようか。

ああでも何着て行ったものか。

今時流行りのおしゃれファッションなんてわからないし、もうジーンズにマニアパレル様のロシアなおもしろカワイイTシャツで行こうかしら。集合は昼どきだし、午前中は早めに出て写真撮りながら散歩しようかと思ってたから、もうそんなおしゃれしなくてイイよな。スニーカーだし、もう頑張らない。

なにせカメラバッグ背負ってますし。

写真撮ると、ほんなこつ荷物が増えるんだよなあ。まあ仕方ない。カメラの防水道具だの予備のバッテリーだの持ち歩くと、どうしても増えていく。困ったもんだ。

でもおもしろいんだよなあ。

f:id:bf021hugtlang:20170619234417j:image

その日その時にしか撮れないものとかもあるしなあ。これだって、ここまで池の水が静まってるのも、偶然そういう日に行ったから撮れたんだし。

私の撮る写真は、全部たまたま行き当たったものを、気の向くままに撮ってるので、もうとんでもなくデタラメナイズされてます。ああ、このやり方を「宇宙猿人ゴリ方式」と名付けよう。テーマソングの「宇宙を旅して目に付いた」からつけました。どんなメジャーなもんでも、イイと思えなければ撮らない。逆に、くだらなくてしょうもないもんでも心惹かれればバッシャバシャ撮影。正直にも程があるだろう。

f:id:bf021hugtlang:20170619235509j:image

だからこんなのも撮る。

今度は何が見つかるか。楽しみだな。

なんかおもしろいもんが撮れたら晒すので、お楽しみに。

はたらく車も走るための車もどっちも好きだしええおとこが乗ってると最高な

えねっちけBSで、佐藤琢磨のインディ優勝までの密着取材番組見てます。

すんごいことしてます。あのスピードで展開するレースで、インから差して抜くとかもう、すげえ。

ゴールの瞬間の様子が収録されてますが、そりゃあ叫ぶよなあ。みんなありがとう!最高の車だよ!って、ゴールしてすぐにコクピットからチームラジオで感謝を叫ぶってのが、もう人柄があらわれてるよな。おめでとう!

 

西の兄貴分に「えふわんは楽しいぞえ」とそそのかされ、うっかりモナコGPを観てしまってから幾星霜、ルマンが気になって、仕事帰りの電車内でようつべにアクセスし生中継を見る程度には、モタスポを愛するようになってしまいもうした。

星海坊主(親父)は「サーキットは景色変わらんからつまらん」と言いますが、サーキットにはサーキットの、ロードにはロードの魅力がそれぞれにあるもんでして。

おっぱいもいいけど尻も捨てがたい、とか、こしあんもいいけどつぶあんの素朴さもイイ、とか、あるでしょホラ!

サーキットなら、周回の中で垣間見えるチーム内のポジション争いとか、ロードなら道中で遭遇するもろもろのトラブルに立ち向かうプロフェッショナル感とか、それぞれ見どころが違うんじゃーい。

しかし、ルマン総合優勝はジャッキーのチームか…。

トヨタはハイブリッドとか、なんか変わったことやって目立つよりも前に、まず設計の基本の基本な思想から変えたほうがいいんでないか? 80点取れればいいやって姿勢で作る車が、ガチのガチのガチで24時間戦うために集まる車たちに勝てる訳ねえだろ。ゴリッゴリの本気で世界を殴りにいくくらいの覚悟で作らないと、まともな勝負の土俵になんて立てないって。完走できるコンディションだとドベ、それなりのチューンだとマシントラブルでリタイアって、もう少しまともな車作れないのか。

俺は!トヨタよりも!日産が好きだ!

でも一番好きなのはフェラーリライコネン=サンが乗ってるのが至高。

カックイイ車にええおとこが乗ってるのは、もう最高な。アー…イイー…。

f:id:bf021hugtlang:20170618233216j:image

f:id:bf021hugtlang:20170618233337j:image

もうほんなこつステキ。死ぬときはライコネン=サンのマシンにひかれたいなあ。