雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

おとなになってもまだ解らないことに頭を悩ますことになるとは

今朝は明け方に一度目が覚めてトイレに行っただけで、また即座に寝てしまい、気がついたら11時でした。

寒くて布団から出る気になれず、玉集めしてたら、そのまままた気がつけば夕方。

接骨院だけ行ってきました。

明日からまた4連勤だしな。

 

f:id:bf021hugtlang:20171122222224j:image

おとなになっても解らないこと、ありませんか。

たとえば、私はいまだにエッグベネディクトをどう喰うのが正解なのか、いまだに解ってません。

解らないし、何せ雑種犬なので、半分に切り分けてからバリバリ一口で喰ってしまいます。ノリはさながら鬼一口です。

いや、うまいんだけどね。

正解わかる方、お教え願えませんか。

 

さて、明日はまた仕事だし、朝ちゃんと起きられるようにしなくては。

洗濯機も止まったので、洗濯物干してきます。

 

 

ゲイリー・オールドマンはおっさんになった今の方がカックイイと思うんだ

仕事して買い物して接骨院行ってきました。相変わらずとうらぶで玉集めしています。

魔界への誘いはお湯で割ってもなおうまい。

魔法使いの嫁」7話は、ラストでエリアス=サンが、チセを傷つけられて激怒でブチ切れ金剛でしたね。

そうか。何だかんだいって、無自覚に惚れてたか。

 

仕事帰りに買い物してきました。

いや、大したもの買ってるわけじゃないんですよ。魔界への誘い買い足して、つまみ買っただけです。

久しぶりの酒はうまいです。

鬼灯7話でクッソ吹いた。

烏頭さん好きだわー。一点の曇りもないあほたれ。

 

さて、チェックすべきものはひと通り観たし、次は何を観ようか。

久々に銃撃戦…と思ってHuluにつないで、なぜ「裏切りのサーカス」を選ぶのか。

という訳で、味のあるイカすおっさんになったゲイリー・オールドマンをガッツリ拝もうと思います。

若いだけのおとこに用はないネ。おとこは味があってなんぼヨ。

もうそろそろ酒呑んでもイイと思うんだ

仕事して接骨院行ってきました。

バンデージはまだ外せませんでした。診療終わったらナチュラルに巻かれました。いつ取れるんだコレ。

で、昼の休憩にはこんなことしてました。

f:id:bf021hugtlang:20171120215531p:image

ちょっとおとなになりました(膝丸)

イベントはあと9日。明日の夜とあさって一日使ってどこまでいけるか。

 

明日はなんか映画でも観ながら、里に行って玉拾ってきます。

あ、遠征で小判集めておかなくては。

 

今日は給料日だったのを忘れてたので、明日の帰りにお金おろしてこなくては。そして酒買ってこなくては。

また魔界への誘いかな。

お湯割りもいけるとわかったので、大分少なくなったし買っておかなくては。

よし。

明日も働こう。酒のために。

寒くなると体の節々が痛むので健康な若者が妬ましい

いよいよ板の間にいるとケツが冷えてしゃーない時季になりましたね。

我ながらフローリングを板の間と言うのをやめろとも思いますが。

なんか床にしくもの買おうかと考えましたが、あったかくて洗えるものって何があるんでしょう。でも考えてるうちに冬が終わる可能性に震える(震える)

 

f:id:bf021hugtlang:20171119205954j:image

昨日は目的を忘れ果てて本買ってましたが、今日はお茶買ってきました。これで当座は何とかしのげる。貧乏な暮らしでも、お茶と茶器だけはイイものでないとね。

あとは給料出たら中国茶も買っておこうか。

なんてことを言いつつ、昼の休憩や帰りの電車内ではこんなことしてました。

f:id:bf021hugtlang:20171119210337p:image

奇跡的に間に合った二刀開眼の瞬間。しかも土方組。

そのうち虎徹兄弟でも撮りたいですね。末っ子と長男、末っ子と次男のふた通りで。ああ、堀川は兄弟と二刀開眼させるのも、すべてを筋肉で解決しそうな感が濃厚になって楽しそう。

とうらぶは、こんな楽しみ方もできるのでイイですね。

かわいい顔してドロッドロのプロテインを飲み鶏のササミを喰う脇差・堀川国広。

 

さあ、明日あさってもまた仕事だ。

右足のバンデージはまだ外せなさそうです。診察受けて、終わると先生ナチュラルにまたバンデージするので、次の診察まで巻いとけってことですね。明日の帰りに診察受けて、そこでなんて言われるか。

もう外してもイイだろと思うんだけど、相変わらず冷えると痛むんだよなあ。

またバンデージ巻いて様子みよう。

寒くなると体の節々がギッシギシになって、健康な若者が眩しくも妬ましくジェラシい思いに襲われもしますが、それはとりあえずしまっちゃうおじさんのように、石で囲ってしまっておきましょう。

まずは玉集めだ。

人間予定と違う買い物することってあるよね

仕事が終わった瞬間、暴力的なねむみに襲われました。

寝過ごすと面倒だという理由で、帰りの電車内ではとうらぶで玉集めして強引に眠らずにいました。帰ってからは夕飯と風呂で少し紛れたものの、終わった途端にまたねむみが帰ってきています。

電車内では寝てなかったけど、判断能力は寝ていたようです。

電車降りたら自動的に駅ナカの本屋に寄っていて、小一時間本を物色していました。

館モノを読みたかったんですよ。

ゴリゴリの本格探偵小説を。

探したんだけどねえ。

所詮駅の本屋じゃ、最新刊のわかりやすい売れ筋しか置かないからなあ。

人類補完機構シリーズ短編集すらなかったし。

で、ゆうべは変な夢見て目が覚めたし、どうも判断力が実家に帰っていたようです。そんな状況だと普段は何も買わずに出てくるんだけど、今日はつい、ずっと気にはなっていた麻耶雄嵩先生の「隻眼の少女」文庫版、買ってしまったでゴワス。

お茶を買うのを忘れて本買ってしまったでゴワス。

誤チェストでごわす(薩人マシーン)

明日はちゃんとお茶を買ってこなくては。

 

いや、イイわー。

やっぱり人間、定期的に本格探偵小説を読まないとダメだわ。死ぬわ。摂取量が足りなくて死ぬわ。

もっと謎を。

およそ現実からは程遠いぶっ飛んだ舞台設定でありながら、それでも日常で出会う身の回りの人達や自分とそう変わらない、地続きの心の動きによって、普遍的な人間の姿を見せてくれる。共感できる人もできない人も登場して、そこが自分の住む町と同じような土地であろうと、月の裏側だろうと、自分の日常と違うところも同じところもちゃんとある。

一見リアルで地に足がついているように思える恋愛ものや、最近の純文学ですけど、ほとんど読みません。読んでいても、そんな個人的なことは日記かチラ裏にでも書いとけとしか思えないので。イロモノ扱いされているのではという節もある舞城王太郎ユヤタンですが、実はめっさエッジでど直球の、本来の意味での純文学をやってるってのがなかなか痛快な皮肉だと思ってます。そうね、川端康成が死んじゃうまでぐらいの時期の純文学みたいな、今読んでも凄過ぎて格の違いを見せつけられるような、あの頃の純文学が魂はそのままで進化して戻った、みたいな感じ。

2人ともアレよね。メフィスト賞出身なのよね。

ってことは、やっぱり私の勝手な推測ではあるんだけど、今のご時世に人間について書こうと思ったら、いかにもなお上品ぶった純文学なんかよりも、頭のネジが最初から抜け落ちてるぐらいの勢いの本格探偵小説の方がはるかに本質捉えて核心つけるってことじゃない?

よし。

なあみんなで本格探偵小説読もうぜ。

そうだな、まずは「D坂」か「本陣」から、と言いたいところだけど、あなたが十代だったら舞城王太郎の「世界は密室でできている」から入れば、すげえドライヴ感があって、かつ同年代の主人公に共感できたりもするし、事件が起きても謎も解かれるし、難し過ぎず優し過ぎずでイイと思うのよ(もみあげロールパン)

こわくないから。大丈夫だから。ちょっとだけだから(如何わしい)

 

さてもうねむみが臨界点に達しつつあるので寝ます。

明日こそお茶買って帰る。

来月こそはもう少し動きたい

2連休が終わります。

接骨院に行った他は家の中でダラダラ、は予定通り。朝のうちに洗濯もほぼ思ったようにできました。

ただし昼間はシンゴジ4周目観ただけで、あとはとうらぶで玉集めし続けてました。どうにか10000個。あとは仕事帰りか寝る前に集めて、休みの日にどっぷりやる感じで行って、集められるだけ集めよう。レベリングもできるし。

明日からまた仕事に戻ろう。

 

さて、何もしないで終わった連休ですが、足を痛めてなければ、イロイロやりたいことがあったんですよ。

どっちか一日フルに出かけて写真撮ってきたかったんですけどね。

今なら谷保から国立に向かう銀杏並木も、国立駅前の桜並木もいい色になってるし。

f:id:bf021hugtlang:20171117203839j:image

去年の12月上旬でこうだから、ぼちぼち黄葉始まるよね。

世界の首都・国分寺殿ヶ谷戸庭園も今が見頃だし。

f:id:bf021hugtlang:20171117204140j:image

昭和記念公園もそう。

f:id:bf021hugtlang:20171117204251j:image

痛みはだいぶ落ち着いたから歩けなくはないけど、それでも長時間出歩くのはまだちょっと不安もあるのね。

テーピングは取れたけど、バンデージはまだ外しちゃあかん奴みたいです。

冷えると痛みが出てくるので、何か考えないとなあ。

 

そんな感じなので、今日は午後じゅうずっと、シンゴジ4周目観ながら玉集めしつつ、功夫茶の道具出してお茶飲んでました。給料出たらまたお茶買ってこないと。紅茶も中国茶もそろそろストックがアブナイになりつつあります。

あとは、仕事中にあったかいお茶を飲めるような方法を考えておかなくては。買うのはなし。

さてまた湿布貼ってバンデージ巻かなくては。

下宿屋「本丸」では短刀と蛍丸はシンゴジ怖がるので大人だけで観てます

今日は朝ダラッダラで、昼から動き出しました。

ビミョーな時間だったから、スポーツジムは午後にして、飯を喰ってからシン・ゴジラ2周目。

同時にとうらぶで里に行って玉集めしてました。今回は、レベリングが後回しになっていたメンバーの練度を上げるのをまず第一に、そのついでに集める感じ。いつものイベントと同じスタンスでの参加ですね。

半日出陣して、玉は3000弱。巴型が来る8万個までの道は長いっつーか、毎日出陣しても無理じゃないのかコレ。

また鍛刀キャンペーンやらないかしら。

 

シンゴジ3周目。

この展開の仕方がもうね。内閣の誰かがなんか言うと、次のカットで即座にそれをひっくり返すシークエンス。

「そんなもんいるわけないだろう」からの海面から尻尾ザバー。

「上陸はしません」からの蒲田くん。

話に枝葉が全くないのね。何がやりたいのかを、ここまでシンプルに打ち出されるとむしろ潔い。

個人的には、昨日の更新のタイトルにしたように「第五形態へ進化してしまったゴジラによる火の七日間」も観たかったところですが。

そうなったら世界終わるよね。軽く。

たぶん進化を続けるうちに、人間とかどうでもよくなるだろうし、もっとでかいもんを滅ぼしにかかるだろうから、環境や置かれた状況に即応して進化する能力から見て、下手したら因果律にまで干渉しかねないと思うんですよ。

まあ、どう言い繕ったところで、世界の終わりに立ち会いたい人間なので、そんな世界も見てみたいと思ってしまうんですよ。

 

あ。もしかして、名前をつけられた時点でゴジラ、負けが決定しちまったのかもしれない。

「名を呼んで特定できる」存在にしてしまう、つまり名前というもので縛れる存在に貶めてしまう、ということか。わけがわからない曖昧なものと、名を呼んで識別できるものとでは、感じる恐怖のスケールが違うからなあ。

妖怪が名付けられる瞬間みたいなもんかしら。

 

明日は連休後半戦ですが、洗濯して接骨院行く以外は何もしないぞ。

明日はねー、早く動いて、午後じゅう「スターリングラード」「ブラックホーク・ダウン」と観て、余裕があったら「裏切りのサーカス」観るんだー(キャッキャッ)

我ながら婦女子の観る映画じゃないだろうとは思うけど、でもこっちの方が中身が濃くて50年は残る内容だよね。他人の色恋なんざ知ったことか。

爆発物は漢のロマンじゃい。

あ、せっかく課金したんだし、あと1周してもいいかな。シンゴジ。

我が下宿屋「本丸」では薬研以外の短刀と蛍丸は観ると怖がるので、酒呑みながら大人だけで観ております。きっと。

東京炎上シーン観て「すげえな大将本能寺みたいだぜ」とか言ってる薬研、お前の方がすげえよ管理人さんも驚きだよ…。

さて、管理人さんは足が痛いので、映画観たら寝ます。

明日はどうなることか。