雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

芋ジャージは何着あっても困らない便利でよい文明

今日は天気がよかったので、またコンビニ行ってきましたよ。いつもよりちょっと早め、昼頃。

12時に出て1時45分に戻ったので、まあこんなもんか。

ゆっくり疲れないペースで歩いたので、いつもよりはやや時間がかかってますが、帰ってから3時間4時間昼寝するということはなかったのでまあいいや。

f:id:bf021hugtlang:20211016223755j:plain

f:id:bf021hugtlang:20211016223805j:plain

途中で見かけて、一休みしがてらアイッフォーンで撮影。なんの花なのかは相変わらずさっぱりさっぱり。

アングルは何せ松葉杖落とさないように、押さえ込みながらなのでこの角度でしか無理。しかたない。

 

今日は生命保険の入院特約の用紙を郵送したった。明日は病院に出す労災申請の書類に振り込み用口座書いて仕上げないと。コレだけ書けば月曜に窓口で提出するだけでいい。天気が今ひとつみたいだし、外に出られないなら書いてしまえ。

 

退院したら、弟が家買って引っ越すらしく、まあ別にそれはいいんだけど、なんかもうその話を聞いた感想がこれなので、どんどん雑事に関心がなくなってるな。

f:id:bf021hugtlang:20211016230757j:plain

休みごとにちょっとずつ物を新居に運んでるようで、いつ引越し作業を終わらせる予定なのかは謎。それよりもまずリハビリ。

あとねえ、緑のジャージがちょっとへたばってきてるので、さっき黒の芋ジャーポチってしまいました。火曜日に届くそうです。コレで近侍と補佐の内番ジャージっぽいブツが揃うことに。緑ジャージは必要であれば、来月あたり二代目を買うか。

芋ジャージはすげえ使い勝手がいいのでみんな迷わず買おうぜ。こんなに使えるのに安いし。

この前、さあ寝るかってときに首から背筋が妙にスウスウして寒いので、とっさに芋ジャーの上を摑んで、パジャマの上から着て寝たら、寒気一発でなくなって熟睡。そのぐらい優秀。

とりあえず近侍と補佐のカラーがコレで揃うので、次はどうしようか。買うとしたら青江兄弟カラーの紺か、長曽祢にいやんの赤か。

「そこで長船とか一文字みたいなおしゃれジャージに行かないのが姐さんらしいというか」

「姐御そんなにジャージ好きなのかよ」

え。まさか近侍と補佐に、こんなさもビミョーであるかのような評価を下されるとは。

ダメかい芋ジャージ。すげえ楽だし実用的だし、汚れても洗えばすぐ落ちるしすぐ乾くし、いうことないと思うんですが。

「んー、ダメっていうか、姐さんはおなごなのに、着飾ったりしないのかなって」

「よその女の審神者は、大概着飾ってるって話だしな」

え。だって着飾ってたら短刀と遊べないし畑とか手伝えないし肩が凝るから。

「ああ、いやほら気にするなって。姐さんはそのままでいいと俺は思うな」

「無理するこたぁねえだろ。座敷から出もしねえで本丸の仕事なんざ手伝いもしねえよりか、姐御のやり方の方がずっといいやな」

「たまに打刀・脇差杯ゲーム大会でまじで参戦してる姐さん見てると、すげえほっとするし」

「忘年会でちびども膝に乗せて取り囲まれながら『老人と子供のポルカ』歌った後の二次会で、薬研の医学漫談の助手やってる姿を見ちまうと、主人というより占有って感じしかねえよな」

ありがとうよ! まあほら私も戦友としか思ってないからね! 今更主人面していばってろとか言われても困るので、コレからもよろしくなコノヤロー!

 

思わぬ形で近侍と補佐との絆が深まったところで、今日はもう寝ます。

ジャージは芋ジャージに限るな。

ちょっと出歩くと露骨な体力低下を思い知る退院後

今日は午前中に生命保険の手続き、午後に職場へ行って労災の書類もらってきました。

帰ってからドバッと疲れが。やっぱり入院で基礎体力が落ちてるな。

で、そういえばかんぽの生命保険も入院特約ついてたよな、となんて窓口に電話したら、郵便局で書類もらって病院で診断書もらって、それからでないと手続きに入れないとかで、月曜にまた病院行かないといけない。

くそう。上品にいうとうんこ。

疲れたので「ファイブスター物語」16巻読み返してたんですがね。初読で思ったけどやっぱり何度読んでも講談っぽい。コレでもかコレでもかと畳み掛けるどんでん返しのオンパレード、すんざまじい強さを誇るキャラクターの、最高の見せ場だけをドッカンドッカン重ねていくあのテンポ。その真っ最中に、マドラさん覚醒とマウザー仲間入りをぶち込み、更に物語中結構な謎の一つだった「マドラさんがいつどこで妊娠したのか」の回答までもが! うん、そうか、デコやんがヤンデレ美人に強引にものにされて、それでできた子だったのか。明らかに自分より、というか誰も勝てない強さの、しかもセイシンテキがやばい感じな初対面の美人に「何度もお会いしてますよ」「色々調べてこういう下着着てきました! 」とか朗らかに言われながら脱がれて押し倒されるんだ。恐怖だろうな。面白いけど。

 

さて、コレで明日あさってのうちに労災申請の書類書かないといかんようになりました。

やることがあるのは、暇よりはなんぼかましなので、明日にでも書いてしまおう。

あ、月曜に出かけるなら、最初に応急処置受けた病院にも寄ってもらうか。ジーンズだとギプス巻けないから履き替えてくださいってズボン借りたのを返すのと、労災の書類があるのをついでに届けておかないといけないんだった。

やることが…やることが多い!

f:id:bf021hugtlang:20211008183032j:plain

「姐さん、金田一少年の犯人の真似してる場合じゃねえだろー」

「まだ余裕があるばい」

しかし入院してからこっち、睡眠時間が増えてるような気がするのだが。

f:id:bf021hugtlang:20210918231624j:plain

「そりゃ仕方ないだろ大将。体が回復のために飯と睡眠を必要としてるんだ」

だと思ったよ。だが睡眠については、もう少し、量より質に傾いてもいいんじゃないのか。

「コレまでの生活自体が睡眠不足気味だったんだ。諦めてくれや」

まじか。もういいよ寝ながら釣りしてやるよ。

f:id:bf021hugtlang:20210912224710j:plain

 

退院してからの私の生活サイクルは、まず朝8時に起きて飯を食い、お茶飲んで新聞読んで、足首のマッサージしたりしてると昼になるので飯を食い、午後は天気がよければ外を歩き、暗くなってから風呂と夕飯を済ませ、10時11時で力尽きて寝るというもの。

入院中は9時で消灯、それでもどうにか小一時間粘って10時に寝て、6時起床だったけど、まあほら、コレは治療に専念する前提の生活だからね。リハビリとトイレ以外はじっと座ってても支障のない環境だったからそれでよかったわけで。帰ってくると、部屋の床拭いたりとか、なにをするにもまず立って歩くわけで、まだそれに体が追いついてないってことなのか。なあどうなんだ。というところじゃないかと思うんですよ。大したことしてないのに疲れるってのは。まずは普段の生活のペースを取り戻さなくては。

f:id:bf021hugtlang:20210612212207j:plain

f:id:bf021hugtlang:20210612213338j:plain

「なあ君、体力を取り戻したいなら、俺と落とし穴でも掘らないか? 中にはゴムのカラーボールと飴ちゃんを仕込むんだ」

いやあ、まだ管理人さん松葉杖ないと歩けないから。

「それじゃあ陸奥守に背負わせて、それで一緒に掘ろうぜ! 」

それ、ほぼほぼむっちゃんが掘ってることになるね。

「しまった。そうなるな」

提案した時点で気付けよ。

 

さて、明日あさってでやることができたし、今日は外出でちょっと疲れてるので、あまり無理のない範囲でダラダラするかな。今日は寝る前にゆっくりとどうでしょうでも観て、それから寝よう。

明日は天気がよかったら、またちょっと外を歩くぞ。

天気のよい日は忙しいな

今日は退院後初めてのリハビリと経過観察でしたよ。

朝10時にうちを出て、まず診察。手術で切開した痕がまだ一部分だけ完全にはくっついてなくて、軟膏処方されました。

リハビリはいつも通り、関節と連動する筋肉をほぐしてから、体重のかけ具合を見て歩行。今日から体重の半分かけて歩くようになりました。

帰ってから、職場に提出するものと、午前中に保険屋さんがくるので必要な書類とをコピーとって、昼食べてから、駅の向こうの薬局まで行って軟膏出してもらって、ゆっくり帰ってきたら、2時過ぎに出て4時半。

明日は職場でなんかおやつでも買って帰ろう。

 

んで、今日からやっと自分の部屋で寝起きできるようになりました。

あとで茶の間に置いてた本その他を回収しなくては。

とりあえず床は軽く拭いたけど、細かいところはもう完治して自由に動けるようになってからだ。

f:id:bf021hugtlang:20210926221057j:plain

「そうだね、できる範囲でいいと思うよ。正直、無理をされてもまたそれも大変だからね」

コレで自分の部屋でお茶淹れられるようになったので、飲み物には困らなくなったな。

寝る前にでもちょっと作っておこう。

f:id:bf021hugtlang:20210624223449j:plain

「よーし姐さん、正三位と一杯」

「何言ってるんだ。姐さんはまだ完治どころか、傷も完全にはくっついてないってのに。姐さんに飲ませるならせいぜいミロがいいところだ」

「杵ちゃんのイケズー。姐さんのことになると、融通きかねえんだからー。んもー」

「そりゃ、近侍だからな。だけどよその近侍なんかもっと厳しいぞ。近侍以外、審神者とまともに話もできないなんてところもあるって話だからな」

「まじかよ」

「そういう所って、本丸運営とかどうするんだろーなー」

f:id:bf021hugtlang:20210629224748j:plain

f:id:bf021hugtlang:20210918231624j:plain

f:id:bf021hugtlang:20210727223423j:plain

「管理人さん、お茶が入りました! 」

「おう日本号の旦那、俺でよければ朝まで付き合うぜ。大将にはまだ呑ませるわけにいかねえからな」

「なんだ日本号、一人じゃ寂しいのか。仕方ねえな。黒田のよしみだ、付き合ってやるよ」

「あ、いや、薬研君もあっ君もいいの。正三位我慢できる。てゆうかお前らに呑ませると一期がおそろしいから」

「なに、いち兄なら心配ないぞ。一緒に誘えばどうということもない。遠慮するなって」

「そうだぜ、お前昔から結構寂しがりなとこあるんだから。今更そんな他人行儀なこと言うなよ」

「一期誘うと、もれなく鶴丸と鬼丸と歌仙がついてくるじゃねえかよ」

「しょうがないだろ、仲がいいんだからな」

「人数多い方が賑やかだろ」

諦めろ正三位。歌仙さん来ればツマミに気の利いたもの作ってくれるから。な。

だが私はそこそこで寝させてもらうぞ。明日も早く起きないとな。

今日リハビリ行って、明日の朝保険屋さんがきて午後に職場行って書類作ってもらえば、コレでしばらく落ち着く、はず。

今日のリハビリで、短距離なら電車乗ってよしとOK出たので、週明けの昼間にでも隣駅のショッピングモールに行ってみよう。朝食べてじゅん散歩が終わったぐらいに出れば、ちょうどいい具合に電車も空いてるだろう。

久しぶりに目覚ましセットして寝ることにします。

すぐに犬猫小鳥がたかる昼寝中の大倶利伽羅は「ニルヴァーナ」と呼ばれています

雨でしたね。おかげで1日しこたまだらだらしておりました。

kakuyomu.jp

うっかり昼過ぎに3時間ぐらい昼寝してしまいましたが、夕方に今週分を放流。

今週は青春だ。アオハルしとけや! と思いながら、どうでしょうを観つつ打鍵していた、そんな思ひ出。

明日は朝からリハビリに行きますが、まだ足のむくみが取れないんだよなあ。コレいつおさまるんだか。まあ、手術直後よりはだいぶましではありますが。

f:id:bf021hugtlang:20211002213207j:plain

「まあそう焦るなよ。仮にこのまま君が歩けなくなったとしても、俺たちが君をどこへだって連れて行ってやるさ。なあ」

えー。でも鶴さんに頼むと、行きたいところとは別の場所に連れていかれそうなんだけど。

「そりゃあ、だって、驚きや発見がなかったら、心は干からびちまうものなあ」

そういう演出はいいんだよ。仕事とか、ちゃんと行かないとまずいものは人間の生活に意外と多いからな、それを無視してはダメなんだよ。わかるか。

f:id:bf021hugtlang:20211002211607j:plain

「そうだぞ国永」

意外な援軍が! 極めたら馴れ合ってくれるようになった大倶利伽羅氏じゃないか!

「あんた静かにしろ。国永、人間には行っておかないとまずい場所が結構あるんだ。例えば猫のいっぱいいる茶屋とか」

猫カフェな。

「犬がいる茶屋とか」

犬カフェな。てゆうか大倶利伽羅、どんだけ動物好きなんだよ。

「御母堂様が言っていた。動物はあれがほしいコレがほしいと贅沢を言わないと」

それ、昔まだおまいらがうちの子になるはるか前、銘犬マルチャン号に言ってたことだよ。

f:id:bf021hugtlang:20211013202423j:plain

今こうして見てもかわいいなあ。

f:id:bf021hugtlang:20210610223649j:plain

f:id:bf021hugtlang:20210610223739j:plain

「コレは聞き捨てなりませぬ! 愛らしい四つ足のもふもふと言ったらこのわたくし! どうです、愛犬殿に勝るとも劣らぬでしょう! コレで今年度本丸杯ちゃわゆいマスコットコンテスト優勝はこのわたくしに決定、間違いなし! 」

そんなことやってたの。

「やっておりませんが、いつ開催されてもいいように、常にかわいさを追及しております」

いや、かわいさよりも仕事してくれ。ポーズあざといな!

 

さて、明日はまた朝から病院だからね、ああ寝癖直しを下に持って降りないとな。朝から階段上り下りして身支度はきっつい。

きのう今日は外に出られませんでしたけどね、明日あさっては天気そう悪くないみたいなので、ちょっとは歩けるようにしたいところです。

テレビはマミーと星海坊主(親父)が見てるのを傍で飯食いながら見てる感じなのはいつもと同じですが、昼のワイドショーとか、まだ生き残ってるんだな。さすがに情報番組というテイでやってる建前があるから、ゴシップでなく政治寄りのネタではあるけど、それでも視聴層の理解度に合わせて上っ面撫でるぐらいのことしかやらないから、それならいっそ「兄刀が作る弟のおやつレシピ」とか「洗濯王子・堀川国広のしつこい汚れ落とし講座」とかやる方がいいだろ。とは思います。「ドクター薬研の未病対策」とかどうすか。番組見てる奥様方に向けて、子供の擦り傷捻挫の応急処置だとか、冷え性生理痛その他婦人病の対策とかを、あの調子で淡々と豪快に教えるコーナー。「お肌が荒れて困ります」とか番組にメールが来ると「乱がそんなこと言ってたな」「あいつにも教えたんだけど」と対処法レクチャーが始まる。どうすか。応急処置の実演で兄弟が出てきたりして、たまに「自分より体の大きな相手を介抱するとき」というお題だと、いち兄と鳴狐、鬼丸=サンがサプライズで出てきて、最高視聴率を叩き出すとかどうすか。

f:id:bf021hugtlang:20210916221831j:plain

「よかよか! ほんならギャラは一人当たりこのぐらいでどげんね」

f:id:bf021hugtlang:20210916223146j:plain

「骨喰が出たら、世間がざわつくでしょうね」

「それは兄弟も同じだろう」

f:id:bf021hugtlang:20210918231624j:plain

「大将、あほなこと言ってないでとっとと寝ろ。明日は診察とリハビリだろ」

あほで悪かったな! それでもお前をこの世に呼び出した人ですが何か!

「いや、大将はあほなぐらいがちょうどいいが、まだ自力で歩けねえんだ、無理はするなって話だ」

そうでした! ありがとうよ薬研!

 

とりあえず、鶴さんに笹川良一の真似とかされないように、治すことに専念しよう。

f:id:bf021hugtlang:20211013205924j:plain

「おっ、やるか? 君ぐらいなら背負える程度には鍛えてるぞ? 」

やらなくていい。

明日はリハビリがんばるぞい。

短期的に歩行困難になってるだけだが天気やインフラ事情が行動を左右すると知った

今日は天気悪くて外に出てません。

食ってどうでしょうヨーロッパ三部作観て、ゴロゴロしてました。

あとは職場に連絡して、労災の書類取りに行くのにいつがいいか訊いて、保険屋さんから入退院の日がわかる書類がほしいというので金曜の午前中に来る約束となり、電話でのやりとりがいくつかありはしたけど、とにかく何もしてないに等しいので、ねむみが強くなっております。

f:id:bf021hugtlang:20211005173738j:plain

「明日はもっと気温が下がるそうですが、管理人さんは大丈夫でしょうか」

「とりあえず茶があれば問題なかろう」

「またお前はそんないい加減なことを。━━読書とか、パズルでもさせておけばよかろう。あとはテレビで昼の時間帯に、何か映画でもやっているならそれを見せておけばいい」

「では僕はお茶とお菓子の支度をしておきます」

 

とりあえず明日あさってのうちに、保険屋さんに渡す書類のコピーとっておかないとな。

 

しかしここまで何もしないまま一日終わるのがデフォになってしまうと、仕事に戻ったときが怖いな。

まじでもっと動けるようになったら、1日外出する機会を2回ぐらいは作って、とにかく1日外で動くことに体を慣らしていかないと。

だがまずその前に、半日コースあたりから始めないとな。

隣駅のショッピングモールで輸入食材屋に行き、お茶となんかおやつ的なものとか買ったり、本屋を覗いたりしたい。

しかし、え。ちょっと待て。5時半でもうすでに外が真っ暗なのだが? いつの間に日が落ちたの? 明日はまた1日雨だそうですよ。また外に出られないじゃねえかよ。まあね、リハビリと職場にいく木金は天気悪くないみたいだから、そこはよかったけどさ。

f:id:bf021hugtlang:20211008184318j:plain

「よっしゃ杵、組み手するぞ」

「おう」

どうした近侍と補佐。

「えー、だって出かけるなら、なんかあったときに姐さんを担いで歩ける人手が必要だろー? 鍛えておかないとダメだろー」

「安心しろ姐御、俺らがついてて、担いで搬送してる最中落としました、なんてことはまずねえからよ」

そこは心配してない。それはないのわかってるから。

…とりあえず自力で動ける範囲を出ないように行動しよう。

 

あ、今日パン食おうと思ったら、見事に何もなくてマーガリン塗っただけのパンだったから、木金のどっちかで何か買おう。いっそ金曜に職場行ったついでに買い物して帰るか。うん。

なんやかや、入院してたから外に遊びになんて出てない分、まだ金に余裕はあるの。

何を買うか、買い物メモつけておこう。

 

明日のうちに書類のコピーとっておくかな。さしあたって、他にやることもないし。

f:id:bf021hugtlang:20211005181233j:plain

「よーし大将、わかってるだろうが、室内といえど無理に歩き回るなよ」

お前も審神者で新薬の臨床実験とかするなよ。

いつまでも暑いのはやっぱりいくないと思う吉宗であった

すげえ暑かったですね。

今日は朝イチで、尼損で取り寄せてた「ファイブスター物語」16巻が来まして、午前中はそれを読み、昼食べた後にコンビニ行ってきました。やっぱりどうしても片道40分はかかりまして、10分弱買い物してまっすぐ戻っても1時間半。

f:id:bf021hugtlang:20211011173712j:plain

「ねー。すっごい暑かったよねー。涼しい格好でついて行って正解だったよ」

ありがとうよ次郎ちゃん…(ヨボヨボ)

そうそう、歩いてたら駅前の玉川上水五位鷺が来ておりました。

f:id:bf021hugtlang:20211011173911j:plain

f:id:bf021hugtlang:20211011173929j:plain

f:id:bf021hugtlang:20211011173944j:plain

f:id:bf021hugtlang:20211011173959j:plain

f:id:bf021hugtlang:20211011174014j:plain

おととい同じコンビニに行った時より疲れたんだけど、なんでだと思ったら、そういえばおとといはもっと涼しかったな。暑くて消耗したのか?

帰って落ち着いた頃に、ちょうどおやつどきだったので、DAZNでトルコ決勝の見逃し配信観ながらおやつ食べて、疲れてたから寝転がってたらちょっとうとうとしてしまった。

そうそう、レッドブルのドライビングスーツ、かわいかったなあ。白地に赤のアクセントで日の丸イメージ。で、両腿の外側にカタカナで「レッドブル」ってでっかく入ってて、肩と両サイドに豆絞りっぽく青い水玉模様が入ってる。マシンのウィングにもでっかく平仮名で「ありがとう」って入ってて、チームホンダとしては今年でおしまいだから、それでこのスーツとウィングのペイントみたいですね。実質は来年以降も参加することが決まってますが、それでももうホンダからは分離してレッドブル傘下…ってことでいいの? まあ、エンジン供給その他、F1への参加は継続するようですが、でももうホンダの名前ではなくなるわけです。

まるっきり撤退してノウハウが失われるよりずっといいか。

 

明日あさっては天気が崩れるみたいですね。

それ見越して、昼に食べるパンとおやつ買ってきたんですが、そういえばまだ読みさしの本もあるし、おとなしく室内でゴロゴロしていよう。

f:id:bf021hugtlang:20211011175216j:plain

「何せ! コレが! コレなもんで! 」

 

入院中、車椅子でドーナツターンしていたのはヒミツの中のヒミツだ。

 

あ、しまった。パン買ってきたはいいけど、まだ台所に立つほどの回復具合じゃないなコレは。せいぜいトースターにパン突っ込んで、ジャムだのマーガリンだの出してくる程度だろ。仕方ない。

f:id:bf021hugtlang:20211011175849j:plain

「管理人さん、パンは何枚切りですかな」

「浦島も食べ盛りだし、あんまり薄いパンはかわいそうだよね兄として」

え、あの、関東なので、6枚切り…。

「一期、君そんなにパンが分厚くないとダメなのか。あんまり分厚いと食べにくくないか」

鶴丸殿はお静かに願えますかな。コレばかりは譲れません」

いや、だからさ、管理人さん関東に住んでるから、パンは6枚切りと8枚切りしか売ってないんだって。見つけたら買うから。な。

f:id:bf021hugtlang:20211011180316j:plain

「その際には油揚げもお忘れなく」

関係ないやつまできた!

 

f:id:bf021hugtlang:20211011180541j:plain

「私の弟も成長期ですので、やはりパンは4枚切りが理想的ですね」

関西刃まだいた!

だが管理人さんは自分で食べる用に自分で買ったパンなので、堂々と食います。

みんなのはちゃんと本丸に配達されるのがあるでしょー!

 

明日は雨がやむ時間帯があったら、ちょっと外を歩いてみよう。

何せ病棟内はクーラー効いてたので帰ったら妙な蒸し暑さに驚愕

日曜日でしたね。

今日は昼間に部屋の床を拭いて、ちょっと外を歩いてきた以外はすげえだらだらしておりました。

明日はもう少し動きたい。コンビニ行って昼のパンとお菓子ちょっと買って、遠征資金を口座に入れておかなくては。

本当は今日はトルコ決勝なんだけど、まだ自分の部屋では寝られないからなあ、明日の昼間に見逃し配信で観るしかないですね。

きのうコンビニに行ったら、思いの外腕に負担が来てたようで、今日は筋肉痛になっておりましたが、明日また買い物に行くんだ。動かないと。

しかし、自分の家なのにWi-Fiの届き具合が悪いと、どうにも写真のフォルダのアプデがうまくいかないな。今日外歩いてるときに撮ったものもあるので、ここに貼り付けられたらと思ったんだけど、なんかもういいな。

f:id:bf021hugtlang:20211010201842j:plain

あ、今更来た。これはすげえどんぐり落ちてるのを発見したので撮ったの。

真ん中のすこし上の辺りに帽子付きのがあるんだけど、分かりますかね。

それでいてまだ蚊が飛んでるんだから、世の中は矛盾に満ちている。

f:id:bf021hugtlang:20211005181233j:plain

「それじゃあ明日からは、散歩用の袋に虫刺されの薬も入れておかねえとな」

そうだな。いやほんとに。

今日はどうせ近所しか歩かないからと思って、財布と携帯電話だけ持って出たんですが、まだ虫刺されのことを気にしないといけないとは。

チクショウもうこうなったら、ドン包平一緒に歩こうぜ!

f:id:bf021hugtlang:20211003184501j:plain

「なんで俺なんだ。ご自慢の近侍と補佐を連れて歩けばよかろう」

いや、だってドン包平、私より虫に刺されそうだから。なんか蚊が健康な血のかほりに集まってきそうだし。

「おい、それは俺が健康だと言いたいのか、それとも馬鹿にしているのか。鶯丸笑うな」

いいじゃん! ドン包平健康体じゃん! 横綱はそんな細かいことは気にしない、おおらかな漢なんだろ! もういいよ! もっと匂いが濃そうなメンバー呼ぶから!

おーい正三位ー! あとむっちゃーん! 酒あるぞー!

「酒と聞いて」

「呼んだかの姐さん」

「お酒あるのー? 」

一振り多いような気がするけど、まあいいや。

これ呑んで、明日の私の散歩に同行してくれなさい。そうしたら君たちの健康な血のかほりに魅せられるから。蚊が。

f:id:bf021hugtlang:20211002213203j:plain

「うーん正三位、お酒は呑むけど歩くのはイヤン」

「まっはっはっは。姐さんは面白かことばあ考えゆうのう。ほいたら先生に虫除けでも作ってもらうかの。ワシから頼んでおくきに」

わあさすが初期刀!

「えー、じゃあ出かける30分前に声かけてよね。アタシ顔作らないと」

え。次郎ちゃんもきてくれるの。やだいい子。呼んでないけど呑みにきて、でもちゃんとお願い聞いてくれるのすごい。

「兄貴も来るけどいい? 」

いいも何も、おいで太郎ちゃん! 待ってるから!

あと正三位は覚えてやがれ。

 

さて、こうして退院して帰ってきた以上、少しずつ部屋を片付けていかなくては。

明日はマミーが部屋干しした洗濯物をしまうところから始めよう。

さて、風呂の支度するか。