読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

1年ってカール・ルイス走るくらいの速度で過ぎていくよね

明日はもう12月ですってよ奥さん。

今朝方、箱根駅伝を見たと思ったら、もう夕方に紅白が始まるくらいの体感ですよ。

仕事したり転職したりしてたら、季節ごとの楽しいことすら満足に楽しまないうちに、1年終わりに入ってますよ。

ああ、でも9月の京都は強引にねじ込んで行ったなあ。1泊だったから慌ただしかったけど。

 

慌ただしいと打とうとして隣のキーにタイプミスしかかったら、予測変換に「粟田口」と出てくる私のiPadは最低限文化的。

 

やっぱりね、京都で1泊ってのは無理がありますね。きっついわ。

色々見て回りたいけど、基本的にノルマみたいな回り方が大嫌いで、ゆっくり楽しみたいクチなので、2泊はできないときついですね。なので今度は3連休とりました。

帰りには阿闍梨餅とそばぼうると、Crochetの京飴、今度は花粉症と風邪対策でミント味買ってみよう。あとは双鳩堂の鳩餅、申屋の申餅、出町ふたばの豆餅、ああ亀屋良永の御池煎餅。好きなのよ。あのカフカフサクサクの歯ごたえに適度な甘味。あとマールブランシュのチョコレート。祇園のお店も自力でたどり着けるようになってしまったわよ。食い気の働きで。ミルクチョコいっぱい買って帰る。京都のラーメンも挑戦しなくては。

 

盆地だから冬場は死ぬほど寒いとよく言いますが、意外と平気です。むしろ、去年まで駅売店の売り子やってた頃、たまにヘルプで入った山梨某所の方がはるかに寒かったです。店の間口が開いていて、外気がまともに入る…というより野ざらしで、暖房なんて全く用をなさないところにユニフォームは綿入れのジャケット一枚、手袋やマフラーも禁止ですから、ほとんどのメンバーが冬場は風邪を引いたり、どこかしら体を痛めたりして苦労していました。ただでさえ、狭い店内で一日中棒立ちで体力ゴリゴリ削られてるのに。そんな状態だから、防寒は思うまま、疲れたらどこか喫茶店にでも入って温かいものを飲めるしいくらでも動き回れる、となれば、そりゃあ京都の方が暖かく感じられてしまいますよ。

 

荷物の中には念のため、ユニクロのウルトラライトダウン入れてはいますが、初めて冬に行ったとき以外は着てません。コートの下に着てたら、かさばって動きにくいし、地下鉄ひと駅ぶんとか歩いてしまったりで結構動くので、むしろ暑苦しくて邪魔なことになりました。 背中の上の方に貼るカイロ1枚(風邪をひき始めると寒気を感じる部分を温める→風邪の予防になる位置)、不安であればおへその上辺りにもう1枚(内臓が温まる→血液も温まって全身に熱が行き渡る位置)で充分です。去年はハーフコート買って着てましたが、動きやすくてなかなか便利なので、今度もこれ着て行こうかと思ってます。手回りのものは、フライターグをカメラバッグがわりにした中に収めればよし。石段だとかの足場が悪いところがあっても、ドクターマーチンはいていれば平気。

冬の京都は、防寒しすぎる方が過ごしにくいと悟りました。

よい子は真似しちゃいけないZO!☆

さて、明日辺り荷造りの準備始めないと。