読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種犬肉球日記

雑種犬が書いたブログ。

遠くへ逃げたい

今、BSのえねっちけで、関口知宏の電車の旅番組観てます。

今回はえげれすを20日かけて一周するそうです。

この番組、ただ観光的なことするだけでなくて、その土地の今おかれている状況や歴史などもちゃんと見せてくれるんですよ。それも、その辺歩いててたまたま遭った人から話聴いたり、おうちに呼ばれたりして、その中でフツーに、この国は今こうなってるよー、昔はこの辺に何があったよー、と触れるんですね。

子供からご老人まで、自分たちが暮らしている場所の歴史、現在、そしてこれからどうしてゆきたいのか、そういうことに、ちゃんと関心を持っているのを見ると、何だか日本でのほほんと腹出して寝てるのが恥ずかしくなりますね。こう、すんまっせん!みたいな。明日から本気出すから!みたいな。

外国の何がステキかって、新しいもんと古いものとが、フツーに一緒にあることですかね。建物も古いものの中をリフォームして住んでいたり、アンティークの家具を代々修繕しながら使っていたり。で、それをどんな街でも、当たり前にどんな家庭ででもやっている。義務的に「残さなくちゃいけないから」じゃなくて、いいものなら直して使うの当たり前じゃね?くらいのナチュラルさで、伝統武術や先祖の書いた自伝や、その他色々なものが、ときには新しいものとハイブリッド化しながら、ちゃんと残っているのは、ホントにすごいことだと思うのですよ。

 

アタイ、いつか2兆円手に入ったら、中国とヨーロッパとロシアと北アフリカをグルグルして一生過ごすんだ。